<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

パーキンソン病におけるwearable monitoring technologiesの有効性

服部信孝大山彦光三苫博前田哲也

Frontiers in Parkinson Disease Vol.9 No.3, 5-12, 2016

われわれの生活において,もはや必需品といっても過言ではないスマートフォンなどの通信端末は,医療においても革新的な役割を担っている。映画の世界でしかみることのできなかったような時計や眼鏡の形をした端末(ウェアラブルデバイス)が,人の動きを検知し,記録するだけでなく,離れた場所にも情報を届け,分析して新たな知見につなげることが現実のものとなりつつある。今回の座談会では,ウェアラブルデバイスが,パーキンソン病診療においてどのように導入されようとしているのか,また導入までにどのような課題が残されているのかをご討議いただいた。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る