<< 一覧に戻る

切除不能進行・再発大腸癌の治療~分子標的薬と最新癌化学療法を中心に

トランスレーショナル研究と分子標的治療薬の根拠

田村大介西尾和人

大腸癌FRONTIER Vol.1 No.3, 17-22, 2008

「Summary」 大腸癌をはじめとして, 種々のがん種において分子標的治療薬が標準的治療の一翼を担うようになってきている. これら分子標的治療薬はその根拠となるさまざまな基礎研究の結果に基づいている. そして臨床で使用される中では, その副作用の問題, コストの問題など新しい問題も起こってきている. これらの問題を解決するためには, 臨床試験のデータと基礎研究のデータのさらなる集積が必要である. 今後の分子標的治療薬のさらなる進歩には, トランスレーショナル研究が担う役割が大きい. 「はじめに」 がん分子標的治療薬が臨床導入され, 種々のがん種において, 標準的治療としての一翼を担うようになってきている. 分子標的治療薬は, “はじめに標的分子”ありきで, 標的の同定, 選択, スクリーニング, 非臨床試験などを経て, 臨床導入される. 現在, 大腸癌治療の領域において臨床応用されている分子標的治療薬としては, 抗VEGF(vascular endothelial growth factor:血管内皮細胞増殖因子)抗体, 抗EGFR(epidermal growth factor receptor:上皮増殖因子受容体)抗体がある.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る