<< 一覧に戻る

ドライアイリサーチアワード

ドライアイベストリサーチアワード受賞者決定

渡辺仁

Frontiers in Dry Eye Vol.16 No.1, 28-29, 2021

2020年のドライアイリサーチアワードの選定は,この新型コロナウイルス禍のなかでもドライアイ研究は進んでいるのだという印象を改めて感じさせるもので,アワードへの申請の数も多く,またその高い研究内容も印象的であった。今回のベストアワード選定は,例年通りであれば日本臨床眼科学会の実際のセミナーのなかで研究者がその研究内容をプレゼンテーションし,それに対し数名の審査委員が投票で選ぶものであったが,2020年は臨床眼科学会自体がWEB開催であったこともあり,ベストアワード選定もWEBでの投票・選定となった。それにもかかわらず,研究発表もその弊害を感じさせない,いやいつもより臨場感は高いのではないかと思わせる3名のプレゼンテーションであった。そのなかで今回ご紹介するのは,2020年のドライアイリサーチアワードのベストアワードに選ばれた順天堂大学の猪俣武範先生である。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る