<< 一覧に戻る

GI-Metabolism Forum

第2回GI-Metabolism Forum 消化管栄養受容と代謝調節ネットワーク

野村政壽

THE GI FOREFRONT Vol.7 No.2, 96-98, 2012

「糖尿病治療の基本は食事療法」糖尿病とは, インスリン作用不足による慢性の高血糖状態を主徴とする代謝症候群であり, エネルギーホメオスタシスの破綻が生じた状態である. 糖尿病でみられる膵ラ氏島の機能障害は, グルカゴン過剰分泌とインスリン分泌低下によって, 空腹時血糖上昇, 糖新生亢進をきたす. また, 糖尿病診断時にはすでにβ細胞機能が50%ほど低下していることが多く, 早期診断, 治療介入し, 膵β細胞を保護することが必要である. 糖尿病治療の基本は食事療法である. 摂取エネルギーの適正化, 栄養のバランス, 規則的食習慣が重要であり, 食事療法によって肥満が解消すればインスリン抵抗性が改善するため, 膵β細胞保護につながる. 一方, 薬物治療においては, 従来の治療薬は膵β機能障害に対する作用は十分ではなく, また血糖コントロールも満足に至っていないことから, 新規治療法の開発が望まれていた. 「インクレチンとは」現在最も注目されている糖尿病治療薬はインクレチンである.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る