<< 検索結果に戻る

第14回日本フットケア学会年次学術集会

2016年2月6日(土)~7日(日):神戸

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 73-75, 2016

2016年2月6日(土)~7日(日)の2日間にわたり,神戸大学大学院医学研究科形成外科学教授 寺師浩人先生を大会長として第14回日本フットケア学会年次学術集会が神戸市の神戸ポートピアホテルにて開催されました。学会参加人数は2500人以上と,これまでにない壮大な学会開催となりました。開催前からプログラムを閲覧するかぎり,フットケアのすべてを網羅する偏りのない学会になるだろうと想像していましたが,的確な教育講演が充実しており現場で診療しているスタッフのプレゼンもしっかりと採択していただき,大変内容の充実した学会開催となっておりました。日本フットケア学会は,平成28年度より一般社団法人 日本フットケア学会として活動しています(写真1)。当法人は,チーム医療によるフットケアおよび下肢病変に対する予防,治療,教育,研究の増進普及を図り,医療に貢献することを目的としています。このため,当該疾患に関わる専門職種が集い,研究発表,講演などを通じて,専門的知識の啓発および学術の発展に寄与することを目的とし,改組・成立しました。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録