<< 検索結果に戻る

2.アテローム性脳梗塞症と抗血小板療法

Atherothrombotic stroke and antiplatelet therapy

Angiology Frontier Vol.15 No.2, 20-27, 2016

「Summary」脳動脈疾患(CVD),冠動脈疾患(CAD),末梢動脈疾患(PAD)は不安定粥腫の破綻を契機に形成される血小板血栓による動脈の閉塞というメカニズムを共有し,アテローム血栓症(ATIS)と総称される。ATISは血小板依存性疾患病態であることから,抗血小板療法の適応がある。これらの血管イベント予防に用いられている主な抗血小板薬には,アスピリン,クロピドグレル,シロスタゾールがある。おのおのの単独療法による脳卒中予防効果には限界があることから急性期脳梗塞例にはアスピリンとクロピドグレルの併用療法が行われるが,長期の併用療法は出血のリスクが脳卒中再発予防効果を上回ってしまうことから推奨されない。
「Key words」アテローム血栓症,再発予防,アスピリン,クロピドグレル,シロスタゾール

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録