<< 検索結果に戻る

6.脈管疾患におけるCT検査の役割

The role of computed tomography for vascular disease

Angiology Frontier Vol.15 No.1, 46-54, 2016

「Summary」CT検査は比較的簡便で侵襲が低く,かつ短時間で広範囲の領域を客観的に評価できることから,脈管疾患における日常診療において必要不可欠な検査である。その目的はスクリーニングに始まり,血管解剖や破格の評価,瘤,解離,狭窄,閉塞などの脈管疾患の診断やその程度に基づく治療適応・治療方針の決定,合併症の評価,治療後のフォローアップなど多岐にわたる。本稿では,脈管疾患におけるCT検査の役割に関して,脈管部位および代表的な疾患(頸動脈,冠動脈,大動脈瘤,大動脈解離,静脈血栓塞栓症,末梢動脈疾患(PAD))ごとに分類して概説する。
「Key words」MDCT,冠動脈,大動脈瘤,大動脈解離,PAD

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録