<< 検索結果に戻る

特集にあたって

Nephrology Frontier Vol.15 No.2, 11, 2016

高尿酸血症の治療目標は,痛風関節炎,痛風結節から心・腎・血管障害の予防,治療へと昇華しつつあると考えられる.また,尿酸によるこのような臓器障害にはJカーブ現象が認められるとの疫学調査もあり,低尿酸血症に関しても注目が集まりつつある.さらに尿酸値には性差があるため,尿酸と心・腎血管障害の関連に関しても男女差があるか否かは興味深いところである.このような状況のなかで,我が国で新しいキサンチンオキシダーゼ阻害薬(XO阻害薬)が2剤開発された.これらの新しいXO阻害薬は腎機能低下症例に対する有効性も確認されており,心・腎機能・血管障害の予防,治療に対する有用性にも期待が持たれている.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録