<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

花粉症2013~患者の満足度を高める花粉症治療~

岡本美孝大久保公裕大橋淑宏増山敬祐

鼻アレルギーフロンティア Vol.13 No.1, 7-13, 2013

「2012年と2013年の花粉飛散について」 岡本 2012年春のスギ花粉飛散量は, 比較的広い地域で少なかったようですが, 先生方の地域はいかがでしたでしょうか. 大橋 大阪はスギだけではなく, ヒノキの花粉飛散量も少なかったため, 症状の軽い患者が多かったです. 増山 山梨も花粉飛散量は少なく, 例年に比べると軽症の患者が多かったです. しかし, 患者数はあまり変わりませんでした. 花粉飛散量が少なくても症状は出てくるので, 病院での治療を希望する人は, 症状の重症度にかかわらず受診するということだと思います. 大久保 東京も重症化する患者は少なかったです. また, 当院の患者数も, 例年治療に慣れている人が大学病院を受診されるため, それほど変化はありませんでした. 岡本 2012年は, 花粉飛散量が例年より少なかったことから, 軽症患者が多かったということですね. さて, 2013年の飛散開始時期は, 例年並みかやや遅いと予想されているようです.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る