<< 一覧に戻る

Review(再生医療)

再生医療におけるモデルブタの開発と利用

長嶋比呂志松成ひとみ渡邊将人梅山一大小林俊寛中野和明内倉鮎子長屋昌樹

再生医療 Vol.19 No.4, 22-31, 2020

再生医療を含む次世代医療の有効性や安全性の検証において,ヒトに近い体格をもつブタを用いた前臨床試験の意義が注目されている。げっ歯類実験動物による基礎研究段階の後に,大型動物であるブタを用いた前臨床研究を行うことによって,臨床応用の有望性をより厳密に評価し得ると考えられる。ブタの遺伝子改変技術や生殖工学技術は,げっ歯類実験動物を対象とする技術に遜色ない程度に発達しており,そのこともブタの利用の有効性を裏打ちする要因となっている。本稿では,①遺伝性疾患モデルを用いた次世代医療の評価,②クローンブタモデルによる拒絶反応のない移植系の構築と利用,③iPS細胞等の多能性幹細胞の移植モデルの再現,などに焦点をあて,それらの現状と展望を述べる。
「KEY WORDS」regenerative medicine,model pig

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る