<< 一覧に戻る

公衆衛生(インフルエンザ)

季節性インフルエンザウイルスの抗原変異株の出現予測

今井正樹渡邉真治河岡義裕

インフルエンザ Vol.18 No.2, 31-34, 2017

季節性インフルエンザウイルスは,少しずつ抗原性を変えながら毎年流行をくり返している.最近,自然界で起こる季節性インフルエンザウイルスの抗原変異を高い精度で予測する技術が開発された.この予測技術を用いることで,将来流行する可能性のある季節性インフルエンザウイルスの抗原性状と一致したワクチン株を先回りして準備することが可能になると期待されている.
「KEY WORDS」季節性インフルエンザウイルス,流行予測,ヘマグルチニン(HA),抗原変異,インフルエンザワクチン

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る