<< 一覧に戻る

地域のパンデミックプランニング

第42回 地域末端で身の丈のインフルエンザ対策を育てよう

清水宣明

インフルエンザ Vol.17 No.2, 65-69, 2016

これまで4年間17回にわたり,本連載の主題「地域のパンデミックプランニング」に関係すると思われる地域末端のさまざまな取り組みについて紹介させていただきました.地域に根差した,しかも田舎のあまりにも地味な活動ばかりでしたので,もしかすると本誌の読者の方々のご期待に添うものとは少し(大きく)違っていたかもしれませんが,インフルエンザが流行する現場では,誰がどのように感じ,考えて,どのようなことが行われているかについて,少し知っていただけたのではないかと思います.今回で私の連載を終わりにして,西村先生に筆をお返しいたしますが,最後にもう一度全体を見直してみたいと思います.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る