<< 一覧に戻る

国際抗ウイルス薬会議(isirv-Antiviral Group Conference)

第4回国際抗ウイルス薬会議(4th isirv-Antiviral Group Conference)参加報告

(2015年6月2~4日,テキサス)

高下恵美

インフルエンザ Vol.16 No.3, 76-77, 2015

International Society for Influenza and other Respiratory Virus Diseases (isirv)内のspecial interest groupとして設立されたAntiviral Group(isirv-AVG)の第4回学術集会は,2015年6月2~4日に米国テキサス州の州都オースティンにあるテキサス大学オースティン校で開催された.テキサス大学オースティン校では5万人以上の学生が学んでおり,夏休み期間のキャンパスの一部を利用しての本会開催であったが,定員約190名の会場は満席であった.基調講演では,昨年,米国CDCを退職されたDr. Nancy Coxが,呼吸器感染症に対する抗ウイルス薬治療の公衆衛生学的効果について講演され,2014年に出版されたコクラン共同計画によるインフルエンザ予防と治療のためのノイラミニダーゼ阻害薬に関するレビューに対して懐疑的な見解を述べられていた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る