<< 一覧に戻る

実地医療に役立つインフルエンザトピックス

第6回 インフルエンザワクチン製造の実際

加地正郎久保田義隆小幡朗酒井伸夫

インフルエンザ Vol.14 No.3, 17-25, 2013

「会社の沿革および概要」 加地 会社の沿革および概要についてお聞かせください. 久保田 昭和25年(1950)に, 各種感染症に対するワクチンと, 感染ルート解明のための細菌・ウイルス検査試薬の製造・販売からスタートしました. 現在では感染症の迅速診断薬や, 生活習慣病に対する検査試薬の製造・販売および研究開発にも取り組んでいます. 最近ではさらに「予防」と「早期発見」をキーワードに掲げております. 「季節性インフルエンザワクチンの製造スケジュール」 加地 季節性のインフルエンザワクチンの最近の製造スケジュールを紹介してください. 小幡 国立感染症研究所(感染研)が12~1月の国内外のインフルエンザの流行状況から, 病原ウイルスを分析します. 国内外で分離されたウイルス株が感染研を通してわれわれメーカーに配布されますと, 各社で抗原性のチェックやウイルスの増殖性などを検討し, 試験的にワクチンを製造してみて, ワクチンが作れるかどうかを確認します.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る