<< 一覧に戻る

Glaucoma Expert Discussion

配合点眼薬の使い方

相原一池田陽子齋藤雄太内藤知子

Frontiers in Glaucoma No.65, 17-24, 2023

緑内障に対し,エビデンスのある唯一確実な治療法は眼圧下降である.実臨床では2剤以上の点眼薬を併用するケースが少なくないが,多剤併用は患者のアドヒアランス低下を招きやすく,配合点眼薬の使用による患者のアドヒアランスやQOLの向上が求められている.現在,わが国においては新たな配合点眼薬の上市が相次ぎ,薬理作用で5カテゴリー,9製剤が臨床使用可能である.そこで今回は,眼圧下降療法における配合点眼薬の位置づけや有効性,安全性に配慮した使い分けについて,エキスパートの先生方に討論いただいた.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る