<< 検索結果に戻る

OCT活用術―病期に応じてどのように使うか?

Frontiers in Glaucoma No.52, 19-29, 2016

福地(司会):緑内障はこれまで主に眼圧・視神経乳頭・視野により診断されてきましたが,近年はOCT(optical coherence tomography : 光干渉断層計)の所見と視野を対応させることで,診断の補助として活用されるようになってきました.そこで今回は,有効かつ有意義な緑内障診療におけるOCT活用法について,特に病期に応じてどのようなポイントでどのように使い分けるのかを中心に,緑内障領域におけるOCTのエキスパートである3名の先生方に,まずはそれぞれのお話を伺いたいと思います.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録