<< 一覧に戻る

消化管の新たな映像

第2回 Endocytoscopy

―Endoscopic pathologyへの道―

井上晴洋池田晴夫細谷寿久鬼丸学吉田亮加賀まこと工藤進英

Frontiers in Gastroenterology Vol.16 No.3, 46-51, 2011

要 旨
 Endocytoscopy(340~1,100倍)は,上皮の最表層の細胞を描出する。細胞異型の評価も可能である。一方,これまでのNBI拡大内視鏡(70~80倍)では,たとえば食道では,IPCL(intra-epithelial papillary capillary loop:毛細血管)の変化を指標として上皮深部の構造異型の情報を提供する。拡大と超・拡大を組み合わせることにより,食道扁平上皮の深部の構造異型と最表層の細胞異型を併せて評価できることになる。たとえば,IPCL-Ⅳで高度上皮内腫瘍(HGIN)の疑いがあった場合でも,ECA-3であれば,病巣内での上皮の層状分化が比較的良好であるということになり,LGINやHGIN, indefinite for neoplasiaなど全層置換されていない病巣ということになる。また同じIPCL-ⅣでもECA-5であれば,上皮の表層まで高度の異型があることになり,HGIN以上の病変ということになる。
 胃では,メチレンブルーの単染色ではなかなかコントラストのあるエンドサイト像が得られなかったが,CM染色(crystal violet & methylene blue staining)により比較的容易な染色が可能となった。このようにendocytoscopyはNBI拡大内視鏡の情報に加えて,上皮の性状診断に組織学に迫る有用な情報を提供する。Endocytoscopyの登場とCM染色の開発によりendoscopic histologyも現実のものとなってきた。

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る