<< 一覧に戻る

Case Report 今日の一例

入院翌日にくも膜下出血を来たした虚血発症の両側頭蓋内椎骨動脈解離の1例

森興太吉村壮平安部倉友丸山大輔佐藤徹髙橋淳豊田一則

脳と循環 Vol.20 No.2, 59-64, 2015

「はじめに」脳動脈解離,特に椎骨動脈解離は若年性脳卒中の原因として重要であるが,わが国に多いとされる頭蓋内解離は,脳梗塞だけでなく解離性動脈瘤の破裂によるくも膜下出血発症の危険性も有している.今回,入院翌日にMRIを撮像した直後にくも膜下出血を来たした虚血発症の頭蓋内椎骨動脈解離の1例を経験したので報告する.
「症例」45歳,女性.
「主訴」頭痛,嘔気,めまい.
「既往歴」特記事項なし.
「家族歴」脳卒中の家族歴なし.その他特記事項なし.
「生活歴」10年前より2週間に1回程度,整骨院にて頸部周囲のマッサージを受けている.ゴルフのような頸部を回旋するスポーツの経験はない.喫煙は10年前まで1日10本,現在禁煙中.飲酒は焼酎1日1合を毎日.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る