<< 一覧に戻る

特集 若き産婦人科医へのメッセージ

婦人科腫瘍学の立場から―がん研究・がん医療の革新にあなたの力を!―

小西郁生

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.30 No.4, 25-32, 2023

がん研究とがん医療はこの半世紀で大きく発展・進化し,婦人科がんの診断と治療も大いに進歩した。とりわけEBMに基づく標準的治療とガイドラインの普及が大きな力となった。しかしながら,21世紀に入り,患者さん一人一人の多様性に応じた個別化医療が求められ,これを実現するための包括的ゲノム解析が注目されている。そして,「がんとは一体何か?」という根源的な問い直しも行われている。若手医師にはこれらを革新する研究に参画いただきたい。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る