<< 一覧に戻る

特集 生殖医療UP-TO-DATE

子宮移植

木須伊織阪埜浩司青木大輔

HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY Vol.23 No.3, 69-75, 2016

「Summary」近年,先天的もしくは後天的に子宮を失った子宮性不妊女性が自らのおなかで児を得るための1つの選択肢として子宮移植が考えられ,2014年10月には世界ではじめての生体間子宮移植後の出産が報告された。子宮移植は多くの医学的,倫理的,社会的問題が内包され,その臨床応用にはそれらの課題を十分に議論したうえで,慎重に検討されなければならない。しかしながら,この技術は子宮性不妊女性に福音をもたらすことが大いに期待され,新たな生殖医療および臓器移植医療として臨床展開されていく可能性を秘めている。
「Key words」子宮移植,子宮性不妊,カニクイザル,代理懐胎,Mayer-Rokitansky-Küster-Hauser症候群

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る