<< 検索結果に戻る

肺癌とマイクロバイオーム

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 55-58, 2017

現在までのところ,肺癌における細菌叢の解析はほとんど報告がないものの,近年,肺癌患者と良性疾患患者の気管支肺胞洗浄液(BALF)を解析対象に,門(phyla)レベルおよび属(genus)レベルで細菌叢解析を実施した報告や,肺腺癌患者群,肺扁平上皮癌患者群とコントロール群の唾液(saliva)を用いて,細菌叢を比較解析した結果が報告されている。これらの解析手法と結果を解説し,肺癌と関連するヒト共生細菌叢解析の現状とその問題点,今後の方向性を検討する。
「key words」共生細菌叢,気管支肺胞洗浄液(BALF),16S rRNA 遺伝子,門(phyla),属(genera)

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録