<< 検索結果に戻る

COPDとマイクロバイオーム

THE LUNG perspectives Vol.25 No.2, 47-50, 2017

16S リボソームRNA(rRNA)遺伝子の解析や次世代シークエンサーを用いたメタゲノム解析により,慢性閉塞性肺疾患(COPD)においてもマイクロバイオーム研究で多くの成果が得られてきている。COPDでは重症度によりマイクロバイオーム多様性に変化がみられ,急性増悪時にも変化を生じるなど,マイクロバイオームと病態の密接な関連が示唆される。クリニカルシークエンスという臨床現場への次世代シークエンサーの応用も始まっており,さらなる知見の集積とそれによるCOPDの病態解明が期待される。
「key words」COPD,マイクロバイオーム,菌濃度,多様性

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

掲載雑誌詳細 この雑誌の目次を見る

抄録