<< 一覧に戻る

ゲノム解析技術と呼吸器

Genome analysis technology for respiratory medicine

THE LUNG perspectives Vol.22 No.4, 49-55, 2014

「Summary」ゲノム解析技術は「速く大量に」を目標に技術革新が進み,今日の次世代シークエンサー(NGS)が発展してきた。NGSの配列決定速度の向上は目覚ましく,低価格化も進み,さまざまな分野で革新的な成果を収めつつある。呼吸器分野においては,特に腫瘍分野で肺癌の新たな治療標的となりうる変異や融合遺伝子が次々に発見されている。呼吸器に関わる感染症分野,さらにはマイクロバイオームの分野でもその利用が進んでいる。また,クリニカルシークエンスというNGSの臨床現場への応用が始まりつつあり,今後は臨床現場での新たな検査のツールとなることが期待されている。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

抄録

この雑誌の他の記事