<< 一覧に戻る

特集 Male LUTSの薬物治療

特集に寄せて

舛森直哉

排尿障害プラクティス Vol.24 No.2, 15, 2016

Male LUTSの原因は多彩ですが,前立腺肥大症(BPH)に起因する下部尿路症状(LUTS),すなわちBPH/LUTSが最も多いと思われます。しかし,BPH/LUTSといっても各々の患者が訴えるLUTSの種類やそれらの重症度はまちまちであり,治療方針も単純には決定できない状況があります。さらにmale LUTSの診断と治療の要点はQOLの評価とその改善であり,医療者側の観点のみでは最善の治療法が決定できないのは明らかです。また,male LUTSにおいてもう1つ重要なことは,加齢とのオーバーラップが著しく,典型的には加齢とともに増悪する慢性疾患であるという特性があることです。したがって,治療のアウトカムは,短期的のみならず長期的にも考える必要があります。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る