<< 一覧に戻る

BPHの自然史を踏まえた治療ストラテジー

LUTS, BPH の自然史と治療への示唆

福多史昌舛森直哉塚本泰司

排尿障害プラクティス Vol.19 No.4, 13-20, 2011

 近年,5αリダクターゼ阻害薬を用いたランダム化比較試験の結果が報告され,前立腺体積は前立腺肥大症における下部尿路症状の進行と関連することが明らかになってきた.したがって,将来大きくなる前立腺を予測することが可能となれば治療を考えるうえでも有用と考えられる.その一方で,前立腺体積を含めた前立腺肥大症の自然史に関する疫学データは,わが国はもとより世界的にも限られている.本稿では,日本人における前立腺体積および下部尿路症状の自然史について述べ,治療への示唆について述べる.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る