<< 一覧に戻る

妊産婦の栄養代謝とアセスメント

妊産婦の基礎代謝

茆原弘光朝倉禎史鴨井青龍竹下俊行

栄養-評価と治療 Vol.24 No.1, 26-31, 2007

基礎代謝量とは生物が正常な状態で生命を保持するために必要な最低限の覚醒時代謝量と定義される. 主な測定方法として直接熱量計法(direct calorimetry), 間接熱量計法(indirect calorimetry)がある. 妊娠による母体の脂肪, たんぱく質の蓄積および各臓器の仕事量の増大, 胎児体重や胎児付属物の増大は, 最終的に母体の基礎代謝量の増加として集約される. 妊婦への栄養指導はこの特有な変化を理解する必要がある.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る