<< 一覧に戻る

Meet the Boss

櫻林郁之介×河野幹彦

櫻林郁之介河野幹彦

The Lipid Vol.23 No.2, 92-99, 2012

「櫻林家は信州がルーツ. 祖父にあこがれて医学の道へ」-櫻林先生は, いつもお若くみえますが, 幼少の頃はどんなお子さんだったのでしょう. 「本人が言うのもなんですが, 非常にかわいい子供で, 特に年の離れた従兄弟や, 親類のおじさん, おばさんなんかにちやほやされたようです. 今も気にかけてくれています. 本人も今と違って大変きれい好きで, 足に泥がついただけで騒いでいたようです」「櫻林家は信州がルーツで, 武田信玄と戦って負けた武将の子供が人質になって山梨に住みつき, 名前も『櫻林』になったと『甲斐国誌』に書いてあります. 家は1,500坪あり, 近くの親類の家も広い屋敷だったので, 東京に出て来て, 家が狭くてびっくりしました」「家には武田信玄や武田勝頼の巻物があります. 本物かどうか, 数年前に山梨県立博物館で鑑定してもらい, 間違いないというお墨付きをもらいました. うちの家宝ですが, 泥棒が入るといけないので, 今は県立博物館で預かってもらっています」-医学を志されたのは何か理由がおありだったのでしょうか.

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る