<< 一覧に戻る

J-LITを総括する

J-LITの特徴と得られた成果

松澤佑次

The Lipid Vol.18 No.2, 14-21, 2007

J-LIT(Japan Lipid Intervention Trial)について, スタディデザインを採用した当時の背景, 目的, スタディの分析結果とその意義について述べた. 当時, 対照を置かず全例に投与することから観察研究として捉えられ, 必ずしも高い評価が得られなかったが, 最近ではわが国におけるスタチン治療の実態を明確に解析した研究として, コレステロール低下治療の意義, 安全性を中心に多くの知見が発表されている.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る