<< 一覧に戻る

座談会(Round Table Discussion)

San Diegoでの生活と研究

海老澤元宏稲垣直樹松下祥森晶夫

喘息 Vol.23 No.2, 89-96, 2010

今回は, 1990年頃にLa Jollaの研究所へ留学されていた稲垣直樹先生(岐阜薬科大学機能分子学大講座薬理学研究室教授), 松下祥先生(埼玉医科大学医学部免疫学教授), 森晶夫先生(国立病院機構相模原病院臨床研究センター先端技術開発研究部部長)にお集まりいただき, 活気に満ちた研究内容と留学生活の様子をお話しいただいた. 現在の日本の留学や研究に対する風潮もふまえ, 幅広いお話をお伺いすることができた. 海老澤 本日は, CaliforniaのSan Diegoにあります, La Jolla Institute for Allergy & ImmunologyおよびMedical Biology Institute(MBI)へ留学された先生方にお越しいただきました. La Jollaでの研究と留学生活について, 振り返っていただきたいと思います. 「留学生活の開始「当初は強く不安を感じていました」(稲埴)」 海老澤 まず, 留学に至る経緯や留学当初の様子について, 稲垣先生からお願い致します.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る