<< 一覧に戻る

成人喘息の長期管理:薬の使い方のコツとその理論

経口ステロイド薬

中村陽一

喘息 Vol.19 No.2, 69-72, 2006

気管支喘息における長期管理の主役は吸入ステロイド薬だが, 重症持続型では経口ステロイド薬の連用が必要な場合があり, また, 急性増悪時にも短期間の経口ステロイド薬投与が有用である. 経口ステロイド薬の長期投与の際は全身性副作用に注意を払うが, 骨折は特に頻度が高く, 一般的指導や骨粗鬆症の予防薬投与が必要である. 感染時や妊娠中における使用時も副作用に考慮する.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る