<< 一覧に戻る

成人喘息の長期管理:薬の使い方のコツとその理論

その他の抗アレルギー薬

明茂治

喘息 Vol.19 No.2, 57-61, 2006

抗アレルギー薬には, メディエーター遊離抑制薬, ヒスタミンH1拮抗薬(H1拮抗薬), トロンボキサン阻害薬, ロイコトリエン受容体拮抗薬, Th2サイトカイン阻害薬が含まれる. 本稿では, 「その他の抗アレルギー薬」として, H1拮抗薬とトロンボキサン阻害薬を取り上げた. H1拮抗薬は, 一般的な喘息治療において有効性は高くないが, 日本人の約半数に認められるアルコール誘発喘息に著効する. また, 軽症持続型以上の重症度では, 吸入ステロイド薬が喘息長期管理の第一選択薬となるが, 吸入ステロイド薬に対するトロンボキサン阻害薬の上乗せ効果について解説した.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る