<< 一覧に戻る

特集 骨代謝マーカーⅣ

Ⅱ.骨代謝マーカーによる骨粗鬆症治療効果のモニタリング 1.骨吸収抑制薬による薬物療法と骨代謝マーカー

髙田潤一

THE BONE Vol.33 No.2, 29-34, 2019

骨吸収抑制薬の効果判定は,骨代謝マーカーが最小有意変化を越える変化を示すかどうかが一つの基準となる.デノスマブはビスホスホネートよりも骨吸収マーカーを低下させる作用が強い.骨吸収抑制薬による骨代謝マーカーの低下は,骨密度の増加および骨折リスクの低下と関連がある.骨吸収抑制薬の評価には骨吸収マーカーとともに,骨形成マーカーも有用である.薬剤の投与中止後は,骨代謝マーカーの再上昇に注意する.
「KEY WORDS」骨吸収抑制薬,骨代謝マーカー,デノスマブ,ビスホスホネート,骨折リスク

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る