<< 一覧に戻る

BisphosphonateⅢ

臨床 癌骨転移抑制効果のエビデンス

鈴木尚宜福本誠二

THE BONE Vol.21 No.5, 79-82, 2007

ビスフォスフォネートは, 骨転移による骨合併症の発生を抑制することがすでに明らかにされている. 従来, 主にビスフォスフォネートの経口投与が, 骨転移の発症を予防するかどうかが検討されてきた. しかし, ビスフォスフォネートの骨転移発症抑制のエビデンスは, 確立されていない. 現在, ビスフォスフォネートが, 骨転移を認めない乳癌・前立腺癌患者の骨転移の発症を予防できるかどうかについて, 大規模臨床試験が進行中である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る