<< 一覧に戻る

特集 高齢者の肺炎:社会・医療問題の克服を目指して

特集にあたって

高齢者肺炎の社会・医療問題の克服を目指して

迎寛

Pharma Medica Vol.35 No.8, 7-8, 2017

わが国では,他国にはみられないほど急速に社会の高齢化が進んでおり,2060年には65歳以上の人口割合(高齢化率)が40%に達すると推計されている。肺炎の死亡率は70歳を超えると格段に増加することが知られているが,高齢者の増加に伴いわが国における肺炎での死亡数も増加し,現在,年間で約12万人となっている。肺炎は2011年に死亡原因の第3位となったが,さらに高齢化が進むわが国においては,特に高齢者の肺炎診療がますます重要な課題となる。

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る