<< 一覧に戻る

悪性リンパ腫・多発性骨髄腫診療のBreakthrough

非ホジキンリンパ腫に対するCHOP,R-CHOP以外の化学療法 Hyper-CVAD/MA療法の有用性はどのような病理組織型で示されているのか?

鈴宮淳司

Pharma Medica Vol.28 No.9, 17-22, 2010

「I. リンパ腫の概略」非ホジキンリンパ腫はB細胞リンパ腫, T/NK細胞リンパ腫(TまたはNK細胞という意味)に大別され, B細胞およびT/NK細胞リンパ腫を分化段階により前駆型(未分化型)と成熟型(分化型, 末梢型)に分け, 前駆細胞型はリンパ芽球性リンパ腫で, 他は成熟型である. さまざまな病型を含み疾患単位は70程度あるが, 予後予測や治療選択において悪性度分類が用いられる. (1)低悪性度[経過が年単位でインドレントリンパ腫(indolent lymphoma)とも言われる]:濾胞性リンパ腫(follicular lymphoma;FL), 粘膜関連リンパ組織(MALT)リンパ腫など. (2)中悪性度[経過が月単位で, アグレッシブリンパ腫(aggressive lymphoma)]:びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(diffuse large B-cell lymphoma;DLBCL), 末梢性T細胞リンパ腫, マントル細胞リンパ腫(Mantle cell lymphoma;MCL)など. (3)高悪性度[経過が週単位でハイリーアグレッシブリンパ腫(highly aggressive lymphoma)]:リンパ芽球性リンパ腫(LBL), 急性型/リンパ腫型成人T細胞白血病・リンパ腫(ATL), Burkittリンパ腫である.

記事本文はM-Review会員のみお読みいただけます。

メールアドレス

パスワード

M-Review会員にご登録いただくと、会員限定コンテンツの閲覧やメールマガジンなど様々な情報サービスをご利用いただけます。

新規会員登録

※記事の内容は雑誌掲載時のものです。

一覧に戻る