• International Review of Diabetes

International Review of Diabetes

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
15320_ext_01_0.jpg

2011年4月号(Vol.3 No.2)

【座談会 GLP-1をめぐる最新の研究動向と臨床的話題】

○巻頭インタビュー
 /ゲスト・柏木厚典/聞き手・前川 聡
○座談会―Round Table Discussion
GLP-1をめぐる最新の研究動向と臨床的話題/司会・石原寿光/ゲスト・Jens Juul Holst/綿田裕孝
【bilingual】Recent advances in research on GLP-1 and clinical issues/Chair・Hisamitsu Ishihara/Guests・Jens Juul Holst/Hirotaka Watada
○糖尿病治療における最近の話題 ―Recent Insights on Diabetes Treatment
 SGLT2阻害薬/石原寿光
○わかりやすい分子糖尿病学―Molecular Diabetology
 中枢神経のインスリン作用と糖尿病/小野 啓
○各国の糖尿病対策―Global Management
中国における糖尿病の現状と対策/ゲスト・紀 立農/聞き手・稲垣暢也
【bilingual】Current status of and measures against diabetes in China/Guest・Linong Ji/Interviewer・Nobuya Inagaki
○海外文献紹介―Overseas
・ゲノムワイド相関解析により日本人の新しい2型糖尿病疾患感受性SNPを同定/岡澤光代/岩田 実/戸邉一之
・乳児期のカゼイン加水分解ミルク介入による1型糖尿病自己抗体発現抑制/阿比留教生
・日本人2型糖尿病患者におけるSU薬単独療法に対するSU薬へのリラグルチド追加療法の有用性の検討:52週多施設無作為化試験の結果から/横山宏樹
○海外研究施設紹介―My Labo
カリフォルニア大学サンフランシスコ校糖尿病センターGerman研究室/宮塚 健
【bilingual】German Lab,Diabetes Center,University of California,San Francisco/Takeshi Miyatsuka
○学会レポート―Attendance Report
The 8th International Diabetes Federation Western Pacific Region Congress(IDF-WPR)―釜山(韓国)を訪れて―/美内雅之
○わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて―
糖尿病の成立基盤としてのグルカゴン分泌異常―糖尿病はbi-hormonal disorderか?―/河盛隆造
糖尿病における肝糖代謝の偏移とグルカゴンの役割/石田俊彦
インクレチン/グルカゴン研究の流れと今後への期待―自らの33年を振り返って―/難波光義

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
15319_ext_01_0.jpg

2011年1月号(Vol.3 No.1)

【座談会 基礎から臨床へ:GLP-1研究とその臨床応用】

○巻頭インタビュー
 /ゲスト・堀田 饒/聞き手・中村二郎
○座談会―Round Table Discussion
基礎から臨床へ:GLP-1研究とその臨床応用/司会・山田祐一郎/ゲスト・Daniel J. Drucker/寺内康夫
【bilingual】From basic to clinical: research on GLP-1 and its application/Chair・Yuichiro Yamada/Guests・Daniel J. Drucker/Yasuo Terauchi
○座談会ショートレビュー―Short Review
 基礎から臨床へ:GLP-1研究とその臨床応用/寺内康夫
○糖尿病治療における最近の話題 ―Recent Insights on Diabetes Treatment
 GPR40作動薬について/武内浩二
○わかりやすい分子糖尿病学―Molecular Diabetology
 インスリン分泌機構におけるcAMPシグナルの役割/上西栄太/柴崎忠雄/清野 進
○各国の糖尿病対策―Global Management
オックスフォード大学による糖尿病への取り組み/ゲスト・David R. Matthews/聞き手・小田原雅人
【bilingual】Strategy against diabetes at the University of Oxford/Guests・David R. Matthews/Interviewer・Masato Odawara
○海外文献紹介―Over Seas
・セロトニンは妊娠時の膵β細胞量を調節する/佐藤叔史/今川彰久
・重症低血糖と心血管イベントおよび死亡のリスク/税所芳史/島田 朗
・2型糖尿病患者に対する1日2回エキセナチドから1日1回リラグルチドへの切り替え/浜野久美子
○海外施設紹介―My Labo
ジョスリン糖尿病センター膵島細胞・再生医療部門Kulkarni研究室/河盛 段
【bilingual】Kulkarni Lab, Section of Islet Cell and Regenerative Medicine, Joslin Diabetes Center and Harvard Medical School/Dan Kawamori
○学会レポート―Attendance Report
 第46回欧州糖尿病学会(EASD)に参加して(Stockholm, Sweden)/山内敏正
○わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて―
腸管・肝・膵島枢軸と代謝調節―消化管ホルモンの神経性感知とその役割解明のはじまり―/中林肇
膵外/腸管グルカゴンとGLP-1の分泌調節とその生理作用/松山辰男
特別インタビュー GIP研究の成果と展望/語り手・清野裕

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
15318_ext_01_0.jpg

2010年10月号(Vol.2 No.4)

【座談会 脳腸ペプチドと肥満】

○巻頭インタビュー
 /ゲスト・清野 進/聞き手・山田祐一郎
○座談会―Round Table Discussion
脳腸ペプチドと肥満/司会・難波光義/ゲスト・Stephen R. Bloom/中里雅光
【bilingual】Brain-gut peptides and obesity/Chair・Mitsuyoshi Namba/Guests・Stephen R. Bloom/Masamitsu Nakazato
○座談会ショートレビュー―Short Review
 脳・腸ホルモンによるエネルギー代謝調節理解の新時代/中里雅光
○糖尿病治療における最近の話題―Recent Insights on Diabetes Treatment
 αグルコシダーゼ阻害薬の可能性/成田琢磨
○わかりやすい分子糖尿病学―Molecular Diabetology
 Fox01と糖尿病/北村忠弘
○各国の糖尿病対策―Global Management
 HbA1cの国際標準化―日本糖尿病学会の取り組み―/ゲスト・柏木厚典/聞き手・小田原雅人
○海外文献紹介―Over Seas
・時計因子CLOCKおよびBMAL1の障害は低インスリン血症および糖尿病を引き起こす/押谷奈都子/松田昌文
・空腹時血糖異常(IFG)例における2型糖尿病の予測因子としてのウエスト周囲径および体重の増加:ベースラインBMIの影響―DESIR研究の結果から/岡田洋右
・2型糖尿病患者における2相性インスリンアスパルト70の1日3回注射と2相性インスリンアスパルト30の1日2回注射の比較/辻井 悟
○海外施設紹介―My Labo
【bilingual】Harvard School of Public Health, Department of Genetics and Complex Diseases―ハーバード公衆衛生大学院/関谷元博
○学会レポート―Attendance Report
 The 70th Scientific Sessions of the ADA(American Diabetes Association)/山田祐一郎
○わが国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて―
わが国におけるインクレチン研究の黎明期―グルカゴンの基礎研究に参加して―/矢内原千鶴子
揺籃期の膵グルカゴン,消化管グルカゴン研究/島健二

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
4294_ext_01_0.jpg

2010年7月号(Vol.2 No.3)

【座談会 2型糖尿病における膵β細胞量とインクレチンの役割】

○巻頭インタビュー
/ゲスト・垂井清一郎/聞き手・難波光義
○座談会―Round Table Discussion
2型糖尿病における膵β細胞量とインクレチンの役割/司会・石原寿光/ゲスト・Juris J. Meier/駒津光久/税所芳史
【bilingual】Pancreatic β-cell mass in type 2 diabetes and the role of incretins/Chair・Hisamitsu Ishihara/Guests・Juris J. Meier/Mitsuhisa Komatsu/Yoshifumi Saisho
○座談会ショートレビュー―Short Review
機能的膵β細胞容量を標的としたあらたな糖尿病治療―GLP-1治療の展望―/駒津光久
○糖尿病治療における最近の話題―Recent Insights on Diabetes Treatment
Bariatric Surgery最前線/関 洋介/笠間和典
○わかりやすい分子糖尿病学―Molecular Diabetology
小胞体ストレスと糖尿病/田蒔基行/綿田裕孝
○各国の糖尿病対策―Global Management
日本糖尿病学会 診断基準改訂について/ゲスト・清野 裕/聞き手・稲垣暢也
○海外文献紹介―Over Seas
・In vivo における肝糖産生に対するインスリン介在性抑制の分子レベルでの解明/篁 俊成
・糖化ヘモグロビン(HbA1c)が空腹時血糖値よりも糖尿病および血管疾患のリスク予測に優れる/西川武志
・ヒトGLP-1アナログ,リラグルチド1日1回投与の有効性と安全性:日本人の2型糖尿病患者におけるグリベンクラミドとの比較/陣内秀昭
○海外施設紹介―My Labo
【bilingual】Molecular Cardiology, Whitaker Cardiovascular Institute/ Boston University School of Medicine―ボストン大学医学部ワイタッカー心臓血管研究所/大内乗有
○学会レポート―Attendance Report
第14回国際内分泌学会(ICE 2010)サテライトシンポジウム/石原寿光
○<新連載>我が国におけるインクレチンとグルカゴン研究―その源流を訪ねて―
連載を企画して/難波光義
連載のはじめに/奥野巍一
わが国におけるインクレチン研究の黎明期―腸管グルカゴンの生理的意義の解明を目指して―/大根田昭
わが国におけるインクレチン研究の揺籃期―2010年の現状から―/佐々木英夫

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す