• THE BONE

THE BONE

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
21756_ext_01_0.jpg

2017年秋号(Vol.31 No.3)

【特集 フレイルとロコモティブシンドローム】

特集にあたって/田中栄
 Overview:フレイルとロコモ―超高齢社会における取り組み―/荒井秀典
Ⅰ.フレイル
 1.フレイルのスクリーニングと診断/佐竹昭介
 2.フレイルとサルコペニア/杉本研 ほか
 3.社会的フレイル/牧迫飛雄馬
 4.認知的フレイル/神﨑恒一
 5.薬物療法によるフレイル/小島太郎
 6.フレイルへの介入法/葛谷雅文
Ⅱ.ロコモティブシンドローム
 1.ロコモの疫学/吉村典子
 2.ロコモの判定法/大江隆史
 3.ロコモと変形性関節症/内尾祐司
 4.ロコモと骨粗鬆症―骨卒中防止の重要性―/萩野浩
 5.ロコモ予防としての子どもの運動器検診―なぜ子どもの頃からロコモ予防が必要か―/帖佐悦男
 6.ロコモ対策としての運動療法・栄養指導/石橋英明

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
20497_ext_01_0.jpg

2017年夏号(Vol.31 No.2)

【特集 骨免疫学の進歩が変える骨関節疾患アプローチ】

特集にあたって/田中栄
Ⅰ.免疫細胞と骨代謝
1.Overview ―その研究の新たな潮流―/岡本一男 ほか
2.免疫細胞による骨代謝制御:T細胞の新たな役割/寺内公一
3.免疫細胞による骨代謝制御:生体イメージング/菊田順一 ほか
Ⅱ.骨代謝制御因子と骨免疫学
1.Wntシグナルと骨代謝・骨疾患/小林泰浩 ほか
2.RANKLの骨芽細胞内逆シグナルおよびそれを標的にした創薬の可能性/本間雅 ほか
3.炎症性サイトカインによる骨代謝制御―IL-17を中心に―/八子徹 ほか
Ⅲ.リウマチ性疾患と骨免疫学
1.関節リウマチにおける炎症性サイトカインの役割/亀田秀人
2.分子標的薬による関節リウマチ治療/山岡邦宏
3.脊椎関節炎の病態と新たな治療法/門野夕峰
4.乾癬性関節炎の病態と新たな治療法/鎌田昌洋 ほか
Ⅳ.骨免疫学と新たな治療への展望
1.チェックポイント阻害薬によるがん治療―がん骨転移治療の可能性も含めて―/秋山達 ほか
2.骨関節疾患の遺伝子ハンティング/坂上沙央里 ほか
3.骨髄由来間葉系幹細胞を用いた骨関節疾患治療/田中良哉
4.iPS細胞を用いた骨格系難病研究/吉富啓之 ほか

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
20496_ext_01_0.jpg

2017年春号(Vol.31 No.1)

【特集 骨粗鬆症リエゾンサービス】

特集にあたって/鈴木敦詞
Ⅰ.リエゾンサービスはなぜ必要か?
1.骨粗鬆症の疫学/伊木雅之
2.骨粗鬆症治療薬と服薬継続率/石島旨章 ほか
3.リエゾンサービス 世界の動向―FLSとOLS/萩野浩
Ⅱ.骨粗鬆症リエゾンサービスと骨粗鬆症学会認定医制度
1.骨粗鬆症リエゾンサービスの概要と経緯/細井孝之
2.骨粗鬆症マネージャー認定制度/石橋英明
3.骨粗鬆症学会認定医制度/今西康雄
4.骨粗鬆症検診とリエゾンサービス/中藤真一
5.医療機関における骨粗鬆症リエゾンサービスの現状と問題点/池田聡
Ⅲ.骨粗鬆症リエゾンサービスの実践―OLS‐7の運用
1.骨粗鬆症のリスク評価ツール/藤原佐枝子
2.背景因子の評価―既存骨折と続発性骨粗鬆症/山内美香
3.骨粗鬆症と栄養評価・指導/塚原典子
4.運動療法と転倒リスク評価/藤田博曉
5.服薬指導とアドヒアランスの向上への取り組み/三浦雅一 ほか
6.骨粗鬆症のQOL・ADL評価/森脇健介
7.循環型リエゾンサービスの構築―診療システム構築への取り組み/鈴木敦詞

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
19238_ext_01_0.jpg

2016年冬号(Vol.30 No.4)

【特集 ビタミンDとカルシウム・リン代謝 update】

特集にあたって/大薗恵一
1.ビタミンDによるカルシウム代謝調節/増山律子
2.ビタミンDによる骨代謝調節/高橋直之 ほか
3.栄養素としてのビタミンDおよびカルシウム・リン/田中清 ほか
4.ビタミンD代謝物の測定/津川尚子
5.ビタミンD不足・欠乏症の診断/岡崎亮
6.ビタミンD欠乏性くる病・骨軟化症の病態と治療/窪田拓生
7.ビタミンD依存症/北中幸子
8.低リン血症性くる病とFGF23/道上敏美
9.FGF23とリン代謝調節/木下祐加
10.CKD-MBDにおけるビタミンDとFGF23/松井功 ほか
11.抗FGF23抗体療法/福本誠二
12.副甲状腺機能低下症とビタミンD治療/皆川真規

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す