• CARDIAC PRACTICE

CARDIAC PRACTICE

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18504_ext_01_0.jpg

2016年8月号(Vol.27 No.3)

【特集 チームで取り組む心不全医療】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
総論/筒井裕之
◎基礎
心不全でチーム医療が必要とされる理由/眞芽みゆき
心不全チームの作り方/佐藤幸人
◎臨床
心不全急性期のチーム医療/肥後太基
心不全に対する包括的外来心臓リハビリテーションとチーム医療/後藤葉一
心不全在宅におけるチーム医療/弓野大
重症心不全に対するチーム医療/絹川真太郎
◎トピック
心不全における緩和ケア―患者に寄り添う―“病の軌跡から心不全の緩和ケア”/大石醒悟
心不全患者の栄養管理/衣笠良治
◎座談会
心不全のチーム医療 ~病院から,地域から~
 筒井裕之/大西勝也/百村伸一/吉川勉

【連載】

○EBM Hot Flash
「冠動脈疾患患者に対するBVSの有効性(ABSORBⅡ,Ⅲ,Japan,Chinaを踏まえて)」/塩見紘樹
○循環器疾患研究を支えた人々
横山光宏」/平田健一
○MENTORING-Message to Next Generation
 重荷を背負うて遠きみちを行くが如し/神原啓文
○グラビア:Cardiovascular Pathology
 冠動脈の血管周囲性炎症性偽腫瘍/加藤誠也

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18070_ext_01_0.jpg

2016年4月号(Vol.27 No.2)

【特集 Onco-Cardiology―がん化学療法と心血管合併症】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
総論/赤澤宏
◎基礎
ErbB/HERシグナルの分子標的薬による心毒性/中岡良和
チロシンキナーゼ阻害薬による血管内皮障害/網谷英介
◎臨床
画像診断による心毒性の評価/根岸一明
アントラサイクリン系薬剤による心毒性/佐々木秀法 ほか
マルチキナーゼ阻害薬による心血管毒性/志賀太郎
◎トピック
循環器システムズ薬理学とゼブラフィッシュ創薬/田中利男
がんサバイバーの心血管リスク/塩山渉
◎座談会
 Onco-Cardiologyの現状と今後の展望
 赤澤宏/畠清彦/向井幹夫/南学

【連載】

○EBM Hot Flash
「EMPA-REG OUTCOME」/田中敦史 ほか
○循環器疾患研究を支えた人々
「眞崎知生」/沢村達也
○MENTORING-Message to Next Generation
 日本人の心臓はポルシェだ~30数年前,ある米国人医師の言葉/今泉勉
○グラビア:Cardiovascular Pathology
 アルコールによる心筋症(Alcoholic cardiomyopathy)/加藤誠也

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
17544_ext_01_0.jpg

2016年1月号(Vol.27 No.1)

【特集 成人先天性心疾患】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
総論/八尾厚史
◎概念
先天性心疾患と成人先天性心疾患の治療概念の違いと総合診療体制/赤木禎治
チアノーゼ性多臓器合併症の病態生理と治療・管理/立野滋
◎臨床
単心室修復の血行動態と成人期臨床像/大内秀雄
肺動脈性肺高血圧の治療/藤野剛雄
成人先天性心疾患における心不全薬物治療の立て方/石津智子
◎トピック
不整脈の最新治療(複雑心奇形に対する最新カテーテルアブレーション技術・最新デバイスの適応)/西村智美 ほか
心臓移植・人工心臓/安達偉器
◎座談会
 成人先天性心疾患診療のこれまでとこれから―この十年でどう変わったのか,そしてこれからどう変わっていくのか―
 八尾厚史/丹羽公一郎/賀藤均/白石公

【連載】

○EBM Hot Flash
 「PEGASUS-TIMI 54」/栁澤智義 ほか
○循環器疾患研究を支えた人々
 「松田暉」/福嶌教偉
○MENTORING-Message to Next Generation
 超高齢社会における医療の目標/堀正二
○グラビア:Cardiovascular Pathology
 病理からみた先天性心臓病:過去,現在,未来/加藤誠也

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
16719_ext_01_0.jpg

2015年10月号(Vol.26 No.4)

【特集 大動脈弁狭窄症の新しい治療:TAVIの現状と展望】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
総論/澤芳樹
◎基礎
低心機能における大動脈弁狭窄症の診断/中谷敏
治療法選択における手術リスクの判断:Frailtyをいかに評価するか/樋口亮介 ほか
◎臨床
TAVIにおける日本人の解剖学的特徴:注意点と対処法/林田健太郎
TAVIにおけるアクセス:選択と合併症対策/島原佑介 ほか
TAVI後のPVL:診断と回避法/渡邊雄介
◎トピック
冠動脈疾患を合併した大動脈弁狭窄症に対するTAVI/白井伸一
Valve-in-Valve/前田孝一
次世代TAVIデバイスの実力と展望/島村和男
◎座談会
 TAVIにおけるハートチーム:内科・外科の融合と次世代教育
 澤芳樹/高山守正/後藤剛/倉谷徹

【連載】

○EBM Hot Flash
 「TECOS試験」/室原豊明
○循環器疾患研究を支えた人々
 「泰江弘文」/吉村道博
○MENTORING-Message to Next Generation
 マズローのハンマー/矢﨑義雄
○グラビア:Cardiovascular Pathology
 弁の粘液腫様変性/加藤誠也

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す