• Nephrology Frontier

Nephrology Frontier

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
4556_ext_01_0.jpg

2008年12月号(Vol.7 No.4)

【特集 血管内皮機能と腎臓】

◎特集にあたって/柏原直樹
◎Round Table Discussion
『慢性腎臓病の病態形成における血管内皮機能障害の意義』/(司会)柏原直樹/川嶋成乃亮/林 晃一/奥田誠也
◎論文
血管内皮機能と腎臓―イントロダクション―/柏原直樹
内皮機能の評価法,マーカー分子/東 幸仁
血管内皮障害におけるNOS機能変化/小林直彦/松岡博昭
腎疾患における内皮機能障害:DDAH-ADMA-NOS系の役割/宮崎博喜/藤乗嗣泰
糖尿病性腎症と血管内皮障害/古家大祐/仲川孝彦

【連載】

○検尿ノススメ
『超微量アルブミン尿』/横山 貴/新田孝作
○腎生理の基礎知識
『腎によるマグネシウム輸送』/関根孝司
○エッセンシャル・パソロジー
『二次性膜性増殖性子宮体腎炎の鑑別診断』/城 謙輔
○画像診断―イメージングアプローチ―
『腎の超音波検査・診断法(6)―超音波の基礎知識とハーモニックイメージング(2)―』/辻本文雄
○腎研究最前線 Up Date Nephrology
『腎疾患動物モデル(3)高血圧モデル(1)食塩感受性高血圧モデル』/中野大介/西山佳宏/西山 成
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2008
大阪府立急性期・総合医療センター腎臓・高血圧内科』/椿原美治
○World Topics―海外文献紹介―
・経口活性型ビタミンDはHD患者の生命予後を改善する
・母体の糖尿病環境が成長後の子供ラットに対して食塩感受性高血圧と腎機能障害を引き起こす
・シクロスポリンAの抗蛋白尿効果は直接的な腎糸球体ポドサイトのアクチン骨格への作用によるものである
・血尿の鑑別における尿中アルブミン・尿中総蛋白比と位相差顕微鏡との比較について

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
4555_ext_01_0.jpg

2008年9月号(Vol.7 No.3)

【特集 シナカルセト塩酸塩は二次性副甲状腺機能亢進症治療をどう変えたか】

特集にあたって/秋葉 隆
◎Round Table Discussion
『シナカルセト塩酸塩の基礎と臨床応用』/(司会)秋葉 隆/永野伸郎/深川雅史/窪田 実
◎論文
CKD-MBDとシナカルセト塩酸塩/横山啓太郎
シナカルセト塩酸塩の我が国における臨床治験成績/本田浩一/真田大介/秋澤忠男
シナカルセト塩酸塩によるCa,P,PTHターゲット達成/奥野仙二/石村栄治
シナカルセト塩酸塩と骨形態―組織形態計測と骨塩量―/栗原 怜
シナカルセト塩酸塩は副甲状腺インターベンションをどう変えたか/冨永芳博

【連載】

○腎生理の基礎知識
『腎によるリンの調節機構』/関根孝司
○検尿ノススメ
『尿中マクロファージ(大食細胞)の臨床的意義』/横山 貴/田邉一成
○エッセンシャル・パソロジー
『一次性膜性増殖性糸球体腎炎Ⅰ型,Ⅲ型』/城 謙輔
○画像診断―イメージングアプローチ―
『腎の超音波検査・診断法(5)―超音波の基礎知識とハーモニックイメージング(1)―』/辻本文雄
○腎研究最前線 Up Date Nephrology
『腎疾患動物モデル(2)IgA腎症モデル(2)HIGAマウス』/武曾恵理
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2008
『金沢大学医薬保健研究域医学系血液情報統御学』/和田隆志
○第51回日本腎臓学会学術総会ランチョンセミナー/酒井 紀(司会)/楊 國昌(演者)
○第43回日本小児腎臓病学会学術集会ランチョンセミナー/吉川徳茂(司会)/石倉健司(演者)
○World Topics―海外文献紹介―
・アンジオテンシンⅡはAT1-ERK/p38 MAPキナーゼ経路を介してアンジオテンシンⅠ変換酵素(ACE)の発現を亢進させ,ACE2の発現を低下させる
・スーパーフラックス(SF)膜(FE-X)対ハイフラックス(HF)膜(FE-60)とβ2-マイクログロブリン(β2M)の減少;6週間の無作為二重盲検交叉試験の結果
・FGF23過剰発現はin vitroにおいてosteoblast differentiation,matrix mineralizationを抑制する
・アルブミン尿に対するACE-Ⅰ併用療法の比較検討:GUARD studyの結果より
・ANCA関連腎炎マウスモデルにおいて補体C5阻害は保護的に作用する

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
4554_ext_01_0.jpg

2008年6月号(Vol.7 No.2)

【特集 腎の発生と再生】

◎特集にあたって/細谷龍男
◎Round Table Discussion
『腎の発生と再生―その分子機構の解明と臨床応用に向けて―』/(司会)/西中村隆一/菱川慶一/横尾 隆
◎論文
腎の発生とBMP/宮崎陽一
内血管の再生機構/清水 章/三井亜希子/益田幸成
尿細管細胞の再生機構/宮 政明/前嶋明人
ES細胞による腎再生/田中啓之/小林隆彦/寺田典生

【連載】

○エッセンシャル・パソロジー
『デンスデポジット病と膜性増殖性糸球体腎炎II型』/城 謙輔
○腎生理の基礎知識
『腎によるナトリウムの再吸収機構』/関根孝司
○検尿ノススメ
『尿沈渣検査における再生性尿細管上皮細胞の検出』/横山 貴/大沼栄子/堀田 茂/田邉一成/新田孝作
○腎研究最前線 Up Date Nephrology
『腎疾患動物モデル(2)IgA腎症モデル(1)ddyマウス』/鈴木祐介/鈴木 仁/木原正夫/山路研二/中田純一郎/富野康日己
○画像診断―イメージングアプローチ―
『腎の超音波検査・診断法(4)―ドプラ法の原理とその応用―』/辻本文雄
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2008
『仙台社会保険病院腎臓疾患臨床研究センター』/堀田 修
○World Topics―海外文献紹介―
・糖尿病ラット腎におけるDDAHとPRMTのアイソフォーム発現変化とARBによる効果
・足細胞のNotch経路は糸球体疾患の発症に関与している
・ラット慢性移植腎症におけるAGE阻害薬ピリドキサミンの腎保護作用
・心血管障害および脳血管障害における腎動脈狭窄症―最初のスクリーニングとして,腎臓超音波検査は有用である
・Manitoba Renal Programにおけるエポエチンαからダルベポエチンαへの切り替え:投与量の評価

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
4553_ext_01_0.jpg

2008年3月号(Vol.7 No.1)

【特集 ANCA関連腎炎 購入】

特集にあたって/木村健二郎
◎Round Table Discussion
『増加するANCA関連腎炎―臨床医は何に注意し,どのように対処したらよいか―/(司会)木村健二郎/(出席者)尾崎承一/山縣邦弘/野島美久/城 謙輔
◎論文
ANCA関連血管炎と腎炎―発症と進展のメカニズムはどこまでわかっているのか―/松村竜太郎
ANCA関連腎炎の疫学/板橋美津世/新田孝作
ANCA関連腎炎の我が国と欧米間の臨床疫学的な違いはなぜ存在するのか―最近の基礎研究からの考察―/鈴木祐介/武田之彦/佐藤大介/金口泰彦/富野康日己
ANCA関連腎炎の治療法の進歩/吉田雅治
ANCA関連腎炎と皮膚病変―内科医が知っておくべき皮膚病変の見方―/川上民裕

【連載】

○検尿ノススメ
『ANCA関連腎炎の尿沈渣像』/横山 貴/堀田 茂/小川哲也/新田孝作
○エッセンシャル・パソロジー
『細菌感染に伴う免疫複合体型糸球体腎炎群』/城 謙輔
○画像診断―イメージングアプローチ―
『腎の超音波検査・診断法(3)―尿路結石―』/辻本文雄
○腎研究最前線 Up Date Nephrology
『腎疾患動物モデル(1)糖尿病腎症(2)』/谷本光生/富野康日己
○腎生理の基礎知識
『腎におけるカルシウム輸送機序』/関根孝司
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2008
『筑波大学大学院人間総合科学研究科病態制御医学専攻腎臓病態医学分野(臨床医学系腎臓内科)』/山縣邦弘/臼井丈一
○第35・36回東京糖尿病性腎症セミナー記録集
○World Topics―海外文献紹介―
・膜性腎症患者における癌の長期的リスク
・腎移植後の血管型拒絶反応においてリツキシマブが腎組織内のB細胞の集簇性浸潤を除去する
・腎移植のアディポネクチンとそのアイソフォームとその受容体に対する影響
・ヘムオキシゲナーゼ1の欠損は,腎虚血において腎血行動態と障害し,全身性の炎症反応を増大させる
・肥満,高血圧を伴う2型糖尿病モデルでのインスリンに優るチアゾリジン誘導体の腎保護効果

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す