• Nephrology Frontier

Nephrology Frontier

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
2089_ext_01_0.jpg

【連載・その他】

○The 4th Japan-China-Korea Kidney Conference
○検尿ノススメ
  『小児ネフローゼ症候群と尿検査―特に微小変化型ネフローゼ症候群について―』/横山 貴 /大沼榮子 /今村秀明 /吉田雅樹/菅原典子/近本裕子/服部元史
○画像診断―イメージングアプローチ
  『腎動脈瘤の3DCTイメージング―新しい概念の分節性動脈中膜融解(SAM)のイメージング―』/山本徳則 /高井 峻/服部良平
○腎生理の基礎知識
  『酸塩基平衡と腎による調節(2)』/関根孝司
○臨床研究Overview 第11回ROADMAP
  『ROADMAP studyの評価・解説』/羽田勝計
  『ROADMAP研究の評価』/古家大祐
○腎研究最前線―Up Date Nephrology
  『臨床研究4つの誤解』/福間真悟/木戸 亮/栗田宜明/福原俊一
○エッセンシャル・パソロジー
  『腎生検の電顕所見の読み方と診断:各論2 糸球体基底膜』/城 謙輔/木村朋由
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2011
  『公益財団法人 田附興風会医学研究所北野病院腎臓内科』/武曾惠理/塚本達雄
○World Topics―海外文献紹介―
  ・ワルファリン関連腎症は慢性腎臓病の羅患にかかわらず死亡率の増加と関連がある
  ・むずむず脚症候群は血液透析患者における心血管疾患発症と死亡のリスク因子である
  ・Klothoの減少はRelA(Serine)536リン酸化を介した炎症を亢進させる
  ・維持透析患者の脳卒中に対する遺伝子組み換え組織プラスミノゲンアクチベーター静注療法:SAMURAI研究より
  ・ACE阻害薬内服中の患者に低塩食とARB投与をした群の蛋白尿・血圧改善効果の比較

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
1460_ext_01_0.jpg

【連載・その他】

○第45回日本腎臓学会学術総会ランチョンセミナー
○検尿ノススメ
  『角柱・角錐台型尿細管上皮細胞の出現意義』/横山 貴 /岩本尚子 /堀田 茂 /新田孝作
○エッセンシャル・パソロジー
  『腎生検の電顕所見の読み方と診断:各論1 糸球体上皮細胞』/城 謙輔 /石山勝也
○画像診断―イメージングアプローチ
  『生体顕微鏡糸球体毛細管画像イメージング―赤血球速度カラーベクトルマッピング表示―』/山本徳則 /服部良平 /後藤百万
○腎生理の基礎知識
  『酸塩基平衡突と腎による調節(1)』/関根孝司
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2011
  『兵庫医科大学内科学腎・透析科』/中西 健
○投稿論文
  『維持血液透析施行中の腎性貧血患者を対象としたbiosimilar[エポエチンカッパ(遺伝子組換えヒトエリスロポエチン製剤)]の腎性貧血改善維持効果について』/徳永真一
○World Topics―海外文献紹介―
  ・多発性嚢胞腎患者に対する第一選択腎代替療法としての腹膜透析
  ・オルメサルタン内服中のCKD患者におけるアリスキレン併用内服の蛋白尿改善効果の検討
  ・慢性腎臓病患者にシンバスタチンとエゼチミブを併用したLDL降下療法の効果:(SHARP試験)
  ・治療抵抗性高血圧症におけるカテーテルを用いた腎交感神経切断術24ヵ月後の血圧降下における耐久性
  ・除水速度は心血管疾患罹患率と死亡率に関連する

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
1234_ext_01_0.jpg

【連載】

○第41・42回糖尿糖尿病性腎症セミナー
○検尿ノススメ
 『多発性嚢胞腎患者における尿検査の必要性』/横山 貴 /大沼榮子 /望月俊雄 /新田孝作
○腎生理の基礎知識
 『傍糸球体装置(Juxtaglomerular Appratus)の構造と機能(2)JGAの構成細胞とtubuloglomeruro feed backのメカニズムとレニン分泌機能』/関根孝司
○臨床研究Overview 第10回 VALISH
 ・『VALISH studyの紹介・解説』/楽木宏実
 ・『高齢者高血圧―いくつの血圧値で降圧薬治療を開始し,降圧目標値はいくつにすべきか―』/梅村 敏
○画像診断―イメージングアプローチ
 『尿細管・糸球体フィードバック機構と高血圧,糖尿病病態モデル微小血管画像イメージング』/山本徳則 /服部良平 /後藤百万
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2011
 『山形大学医学部第一内科』/今田恒夫
○World Topics―海外文献紹介―
 ・急性非代償性心不全患者に対する利尿薬治療戦略
 ・連続携行式腹膜透析施行中の末期腎不全患者における72時間持続皮下血糖測定システムでの血糖評価
 ・RAS阻害薬へのETAR選択的エンドセリン受容体拮抗薬アトラセンタンの追加は糖尿病性腎症のアルブミン尿を減らす
 ・冠動脈造影後の急性腎障害と長期的腎機能低下との関連
 ・インテグリンを活性化するPHSRNペプチドは,腹膜透析液による腹膜の創傷治癒の抑制を改善する

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
1173_ext_01_0.jpg

【連載】

○検尿ノススメ
  『ループス腎炎に対するタクロリムスによる治療と尿所見』/横山 貴/内田啓子/新田孝作
○画像診断―イメージングアプローチ
  『急性虚血性腎不全と微小血管循環障害―尿細管周囲毛細血管イメージングからのアプローチ―』/山本徳則/後藤百万
○腎生理の基礎知識
  『傍糸球体装置(JGA)の構造と機能(1)JGAの構成細胞とtubuloglomerular feed back』/関根孝司
○エッセンシャル・パソロジー
  『腎生検組織における電子顕微鏡所見の読み方と診断:総論』/城 謙輔/小野寺進
○臨床研究Overview 第9回 ACCOMPLISH
  ・『ACCOMPLISH試験の紹介・解説』/木村健二郎
  ・『ACCOMPLISH試験の評価』/宇都宮保典
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2011
  『北里大学医学部腎臓内科』/鎌田貢壽
○投稿論文
  『Efficacy of educational short-term hospitalization in patients with chronic kidney disease (CKD):Second report』/Takashi Kobayashi/Kenji Yamaji/Yukihiko Takeda/Masayuki Maiguma/Keisuke Omote/Yoshimi Sekiguchi/Toshinao Tsuge/Yoshio Shimizu/Yusuke Suzuki/Isao Ohsawa/Atsushi Kurusu/Chieko Hamada/Satoshi Horikosi/asuhiko Tomino
○World Topics―海外文献紹介―
  ・常染色体優性多発性嚢胞腎および多発性肝嚢胞に対する長時間作用型ソマトスタチンの無作為化臨床試験
  ・アンジオテンシノーゲンの持つ酸化還元スイッチがアンジオテンシンIの産生を制御する
  ・一般住民においてシスタチンCはクレアチニンよりもGFRを正確に推定するとは言えない
  ・施設内での週6回の血液透析と週3回の血液透析の比較

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す