• Nephrology Frontier

Nephrology Frontier

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
16789_ext_01_0.jpg

2012年12月号(Vol.11 No.4 )

【特集 AKI(急性腎障害)に関する話題】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
◎Round Table Discussion
 AKIへの治療介入
 秋葉隆/阿部貴弥/片山浩/池田寿昭
◎論文
 ・特集にあたって/秋葉隆
 ・ポドサイト障害/原正則
 ・尿細管再生/濱田佳寿 ほか
 ・急性尿細管障害マーカー:尿中L-FABP/上條-池森敦子 ほか
 ・造血幹細胞移植とAKI/安藤稔

○第47回日本小児腎臓病学会学術集会ランチョンセミナー「小児腎炎治療のエビデンス」
○検尿ノススメ 第43回
 腎炎とフィブリン円柱/横山貴 ほか
○画像診断―イメージングアプローチ
 腎血管性高血圧と腎内微小循環イメージング/山本徳則 ほか
○エッセンシャル・パソロジー
 電顕像のartifactとその対処法/城謙輔 ほか
○腎生理の基礎知識 第23回
 糸球体における蛋白濾過障壁機能(1)総論/関根孝司
○腎研究最前線―Up Date Nephrology
 バイオマーカー(1)総論;腎疾患領域におけるバイオマーカー/菅谷健
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2012
 神戸大学大学院医学研究科腎臓内科学/腎・血液浄化センター/藤井秀毅/西愼一
○World Topics―海外文献紹介―
・尿蛋白量0.5g/日以下のIgA腎症の長期予後
・血液透析患者における全死因死亡と心血管死亡と下肢血圧差の関連
・中等度から高度腎機能低下症例における腎交感神経切断の有効性と安全性の検討
・シスタチンCとクレアチニンを用いた推算GFRの検討

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
16788_ext_01_0.jpg

2012年9月号(Vol.11 No.3 )

【特集 CKD関連ガイドラインをめぐる話題】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
◎Round Table Discussion
 CKD診療ガイドラインの評価と改訂の方向性
 柏原直樹/木村健二郎/岡田浩一/守山敏樹/大野岩男
◎論文
 ・特集にあたって/柏原直樹
 ・新しいCKD分類の今後の展望/井関邦敏
 ・糖尿病性腎症/古市賢吾 ほか
 ・ネフローゼ症候群ガイドライン/西慎一
 ・CKDと高血圧・腎硬化/藤野貴行 ほか
 ・IgA腎症/川村哲也 ほか

○検尿ノススメ 第42回
 IgA腎症におけるCKD診療ガイド2012と尿沈渣成分との関係/横山貴 ほか
○画像診断―イメージングアプローチ
 腎交差血管イメージングと間歇的側腹部痛/山本徳則 ほか
○エッセンシャル・パソロジー
 傍糸球体装置の組織像/岡一雅
○腎生理の基礎知識 第22回
 糸球体における水の限外濾過システム(2)糸球体濾過圧の調節/関根孝司
○腎研究最前線―Up Date Nephrology
 研究デザインの型を知ろう(コホート研究編)/栗田宜明 ほか
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2012
 国立病院機構福岡東医療センター腎臓内科/片渕律子
○World Topics―海外文献紹介―
・生体腎移植における自家骨髄間葉系幹細胞を使用した導入療法についての効果
・IgA腎症の長期的腎生存率および腎不全への進展のリスクファクターの調査:中国における成人1,155名を対象としたコホート研究
・糸球体のアルブミン透過性は多様な因子により影響を受ける
・ループス腎炎の維持療法としてのミコフェノール酸とアザチオプリンとの比較

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
16787_ext_01_0.jpg

2012年6月号(Vol.11 No.2 )

【特集 ガイドラインを診療に活かす】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
◎Round Table Discussion
 ガイドラインの意義とその使い方
 細谷龍男/飯野靖彦/秋澤忠男/安田宜成
◎論文
 ・特集にあたって/細谷龍男
 ・ガイドラインの意義と作成手順/中山健夫
 ・腎疾患診断のためのガイドライン(GFR・尿蛋白測定,腎生検,血尿)/堀尾勝
 ・日本透析医学会ガイドライン(腎性貧血を中心に)/鶴屋和彦 ほか
 ・日本透析医学会ガイドライン(二次性副甲状腺機能亢進症を中心に)/田中寿絵 ほか

○検尿ノススメ 第41回
 血尿診断ガイドラインと尿沈渣検査/横山貴 ほか
○エッセンシャル・パソロジー
 腎生検の電顕所見の読み方と診断:各論3メサンギウムと内皮細胞/城謙輔 ほか
○画像診断―イメージングアプローチ
 IgG4関連腎炎症性腫瘤血管イメージングと鑑別診断/山本徳則 ほか
○腎研究最前線―Up Date Nephrology
 研究デザインの型を知ろう(横断研究編)/木戸亮 ほか
○臨床研究Overview 第13回ACCORD-BP
 ACCORD-BP試験のレビュー/藤野貴行 ほか
 ACCORD-BP試験に関する評価・コメント/興梠貴英/山崎力
○腎生理の基礎知識 第21回
 糸球体における水の限外濾過システム(1)生理的機構およびSNGFRの生物物理学的決定因子/関根孝司
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2012
 横浜市立大学大学院医学研究科病態制御内科学(循環器・腎臓内科学)/涌井広道/梅村敏
○World Topics―海外文献紹介―
・血液透析患者における透析間インターバルと死亡率の関係
・アンジオテンシン変換酵素阻害薬およびアンジオテンシン受容体阻害薬の維持血液透析患者における炎症に対する効果の比較
・アクチビン様キナーゼ3(Alk3)は腎臓の再生と線維化の解消に重要である
・慢性腎臓病におけるビタミンD投与と心機能の関係(PRIMO試験)

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
16786_ext_01_0.jpg

2012年3月号(Vol.11 No.1 )

【特集 酸塩基平衡の臨床上の諸問題―代謝性アシドーシスに焦点を当てて―】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
◎Round Table Discussion
 酸塩基平衡の臨床上の諸問題―代謝性アシドーシスに焦点を当てて―
 木村健二郎/柴垣有吾/五十嵐隆
◎論文
 ・特集にあたって/木村健二郎
 ・酸塩基平衡の生理学の基本:臨床医の立場から/柴垣有吾
 ・ICUにおける酸塩基平衡の理解:Stewart approach/森松博史 ほか
 ・CKDにおける代謝性アシドーシスの治療/小松康宏
 ・RTAの治療/関根孝司

○第43回・44回東京糖尿病性腎症セミナー
○腎生理の基礎知識 第20回
 酸塩基平衡と腎による調節(3)―酸塩基平衡に関与する分子群―/関根孝司
○検尿ノススメ 第40回
 慢性腎臓病における硝子円柱の臨床的意義/横山貴 ほか
○エッセンシャル・パソロジー
 免疫電顕の応用:Post embedding法による軽鎖沈着の証明/江原孝史 ほか
○画像診断―イメージングアプローチ
 腎血管筋脂肪腫の血管イメージングとその治療/山本徳則 ほか
○腎研究最前線―Up Date Nephrology
 臨床研究「7つのステップ」/福間真悟 ほか
○臨床研究Overview 第11回J-CORE
 J-CORE試験について/松井芳夫 ほか
 J-CORE試験に関する評価・コメント/石光俊彦
○腎臓病研究施設紹介 LABORATORY 2012
 福岡大学医学部腎臓・膠原病内科 福岡大学病院血液浄化療法センター/斉藤喬雄
○World Topics―海外文献紹介―
・就寝時の降圧薬内服は慢性腎臓や間病患者の心血管系イベントリスクを減少させる
・IgA腎症の腎生存率の予測におけるOxford分類の有用性について
・血圧と糖尿病発症におけるBMIと空腹時血糖との関係
・C型肝炎ウイルス感染末期腎不全患者の生存率による透析方法への影響

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す