• Nephrology Frontier

Nephrology Frontier

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
19191_ext_01_0.jpg

2016年12月号(Vol.15 No.4)

【特集 腎臓病学の課題と未来-Nephrology Frontier誌の足跡と貢献-】

特集にあたって/富野康日己
(座談会)Round Table Discussion「腎臓病学の課題と未来
 -Nephrology Frontier誌の足跡と貢献-」

 富野康日己/秋葉隆/木村健二郎/細谷龍男/柏原直樹
1.臨床腎臓病学の課題と将来展望(1):腎炎,ネフローゼ症候群などについて/清水芳男
2.臨床腎臓病学の課題と将来展望(2):水・電解質代謝分野について/上原温子 ほか
3.腎臓再生療法の課題と将来展望/松本啓 ほか
4.腎臓病基礎研究の進展と課題/佐藤稔
5.腎不全診療における未解決課題と将来展望/花房規男

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
19181_ext_01_0.jpg
リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18216_ext_01_0.jpg

2016年6月号(Vol.15 No.2)

【特集 尿酸と心・腎・血管障害】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
特集にあたって/細谷龍男
(座談会)尿酸と心・腎・血管障害
 細谷龍男/東幸仁/内田俊也/菅野義彦
1.高尿酸血症・低尿酸血症と腎/座間味亮 ほか
2.心血管疾患・高血圧と尿酸/宮崎聡 ほか
3.新規尿酸降下薬の特性/市田公美
4.尿酸分解酵素の位置付け/山内高弘 ほか

【連載】

○腎研究最前線―Up Date Nephrology
 腎臓病領域への応用が期待される,他領域の医療発展に関する最新の知見(1)/菅原真衣 ほか
○臨床研究Overview 第18回STOP IgA
・STOP IgA試験のレビュー/木原正夫/鈴木祐介
・STOP IgA試験に対する評価とコメント/武曾惠理
○研究施設紹介 LABORATORY 2016
 杏林大学医学部付属病院腎臓・リウマチ膠原病内科/要伸也/福岡利仁
○海外文献紹介
・非代償期の急性心不全患者においてeGFRとBUN値は予後に関連するか?/発田陽子
・CKD患者における仮面高血圧と夜間高血圧:頻度および臓器障害との関連について/春原浩太郎
・腸内細菌叢枯渇は白色脂肪組織の褐色化を促進し肥満を軽減させる/板野精之

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
17893_ext_01_0.jpg

2016年3月号(Vol.15 No.1)

【特集 腎病理をどう臨床に活かすか】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
特集にあたって/柴垣有吾
(座談会)腎病理をどう臨床に活かすか
 柴垣有吾/市川大介/上野智敏/片渕律子/清水章/長田道夫
1.内科医が腎病理をどう学ぶべきか~内科医のための腎病理診断リテラシー~/上野智敏
2.糖尿病合併ネフローゼ症候群および特発性・続発性FSGSの鑑別をどうすべきか/小池淳樹
3.尿細管間質病変の病理をどう臨床に活かすか/岡一雅
4.IgA腎症の病理をどう臨床に活かすか/市川大介

【連載】

○検尿ノススメ 第56回
 ファブリー病におけるmulberry bodyおよびmulberry cellのモニタリングの有用性/横山貴 ほか
○腎研究最前線―Up Date Nephrology
 特異的な遺伝子改変動物の作製法(2)/石原仁毅 ほか
○第51・52回東京糖尿病性腎症セミナー(特別講演)
・糖尿病腎線維化分子機構を標的とした治療戦略/金﨑啓造
・糖尿病性腎症 糸球体病変と尿細管間質障害のそれぞれの機序/仲川孝彦
○研究施設紹介 LABORATORY 2016
・島根大学医学部附属病院腎臓内科/伊藤孝史
・宮崎大学医学部第一内科腎臓研究室/佐藤祐二 ほか
○海外文献紹介
・Inhibitor of NF-κBキナーゼサブユニット2(IKK2)の阻害は,半月体形成性腎炎の発症を抑制するが,進行を増悪させる/清水芳男
・蛋白尿を呈していない1型糖尿病患者における血漿KIM-1濃度上昇は早期に進行性腎機能低下を示唆する/山内真之 ほか
・造血細胞におけるシクロオキシゲナーゼ2(COX2)を阻害する事で食塩感受性高血圧をきたす/十川裕史
・血清トリメチルアミン-N-オキサイド濃度はCKDで上昇し, 冠動脈の動脈硬化と関連する/眞船華
・メディケア受給者の施設血液透析患者における感染症関連の入院の予後について/須永悟

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す