• Headache Clinical & Science

Headache Clinical & Science

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18293_ext_01_0.jpg

2016年5月号(Vol.7 No.1)

【座談会 皮質拡延性抑制(CSD)を考える】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○Expert Discussion―座談会―
 皮質拡延性抑制(CSD)を考える
 鈴木則宏/永田栄一郎/飯塚高浩/渡邉由佳
○Featured Literature―注目の論文―
シンバスタチンとビタミンD併用は片頭痛予防に有効か?/柴田護
日本人ナルコレプシー患者および特発性過眠症患者における一次性頭痛の有病率・特徴と夢の行動化:多施設横断研究/鈴木圭輔
○Debate in Journal―誌上ディベート―
 前庭性片頭痛は脳幹性前兆を伴う片頭痛と同一であるか
総論総括/竹島多賀夫
前庭性片頭痛は脳幹性前兆を伴う片頭痛と同一である/五島史行
前庭性片頭痛は脳幹性前兆を伴う片頭痛と同一ではない/工藤雅子
○Pitfall & Solution―頭痛診療におけるPitfallと解決策―
 下垂体腫瘍に随伴する頭痛/五島久陽 ほか
○Listen to the Great―インタビュー―
 濱口勝彦/聞き手:荒木信夫
○Visual View―画像で見る頭痛診療―
 三叉神経痛の画像診断/田草川豊
○Trends in Headache―頭痛をめぐる諸問題―
 地域医療における頭痛診療―秋田県横手市に頭痛外来を開設して―/塩屋斉
○Headache Treatment Q&A―頭痛診療Q&A―
Q1 なぜ片頭痛発作は眠ると改善するのですか/間中信也
Q2 なぜ片頭痛は慢性化するのですか/光藤尚
○Wonder of Headache―頭痛の不思議―
 頭痛を起こす物質(薬剤の使用過多による頭痛を除く)/髙橋牧郎
○Forum Report―フォーラム・レポート―
・地域頭痛医療推進プログラムMCSS2015
・第43回日本頭痛学会総会

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
17244_ext_01_0.jpg

2015年11月号(Vol.6 No.2)

【座談会 片頭痛の前兆について~トリプタン内服のタイミングも含めて~】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○Expert Discussion―座談会―
 片頭痛の前兆について~トリプタン内服のタイミングも含めて~
 平田幸一/五十嵐久佳/福武敏夫/海野佳子
○Featured Literature―注目の論文―
同側の顔面紅潮を伴う短時間持続性片側神経痛様頭痛発作はparoxysmal extreme pain disorderの新しい亜型である/今井昇
アスピリン・カフェイン合剤の使用と頭痛増加の頻度:前向き集団研究/伊藤泰広
○Debate in Journal―誌上ディベート―
 一次性雷鳴頭痛は存在するか
総論総括/鈴木則宏
一次性雷鳴頭痛は存在する/下田雅美
一次性雷鳴頭痛は存在しない(RCVSである)/橋本洋一郎
○Pitfall & Solution―頭痛診療におけるPitfallと解決策―
 片頭痛で用いるバルプロ酸の量でも催奇形性の心配はあるか/稲垣美恵子
○Listen to the Great―インタビュー―
 藤田光江/聞き手:立岡良久
○Visual View―画像で見る頭痛診療―
 数値で見る片頭痛/寺山靖夫
○Trends in Headache―頭痛をめぐる諸問題―
 CGRP拮抗薬および抗CGRP抗体の開発状況/清水利彦
○Headache Treatment Q&A―頭痛診療Q&A―
 Q1 群発頭痛の治療により薬物乱用頭痛に変容することがありますか/今井昇
 Q2 片頭痛予防薬の使用順序について教えてください/髙橋牧郎
○Wonder of Headache―頭痛の不思議―
 芸術家が表現した片頭痛―2人の作家の日記から―/岩田誠
○Forum Report―フォーラム・レポート―
・地域頭痛医療推進プログラムMCSS2014
・Migraine Scientific Seminar 2014
・第56回日本神経学会学術大会

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
15819_ext_01_0.jpg

2015年5月号(Vol.6 No.1)

【座談会 思春期の頭痛をどう診るか】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○濱田潤一先生の想い出~急逝を悼んで~/荒木信夫
○Expert Discussion―座談会―
 思春期の頭痛をどう診るか
 立岡良久/桑原健太郎/藤田光江/端詰勝敬
○Featured Literature―注目の論文―
発作性反復性片頭痛発作予防に対するALD403(カルシトニン遺伝子関連ペプチド抗体)の安全性と有効性:ランダム化プラセボ対照二重盲検第Ⅱ相臨床試験/永田栄一郎
神経細胞におけるspike,seizure(痙攣)およびspreading depression(拡延性抑制)の一元説/清水利彦
○Debate in Journal―誌上ディベート―
 片頭痛の病態―CSDとvascular factorではどちらが主体か
総論総括/荒木信夫
CSDが主体である/増田励
Vascular factorが主体である/柴田護
○Pitfall & Solution―頭痛診療におけるPitfallと解決策―
 くも膜下出血を見落とさないための診断のコツは?/米田浩 ほか
○Listen to the Great―インタビュー―
 後藤文男/聞き手:鈴木則宏
○Visual View―画像で見る頭痛診療―
 頭痛を起こす頭蓋内感染症/中嶋秀人 ほか
○Trends in Headache―頭痛をめぐる諸問題―
(1)慢性頭痛の診療ガイドライン 市民版/立岡良久
(2)国際頭痛分類第3版beta版(ICHD-3β)日本語版/竹島多賀夫
○Headache Treatment Q&A―頭痛診療Q&A―
 Q1 口腔内灼熱症候群,舌痛症,非定型歯痛とはどのようなものですか/井川雅子
 Q2 慢性頭痛に対する神経刺激療法の現状を教えてください/柴田興一
○Wonder of Headache―頭痛の不思議―
 Benign hot bath-related headache/根来清
○Forum Report―フォーラム・レポート―
 第42回日本頭痛学会総会

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
14314_ext_01_0.jpg

2014年11月号(Vol.5 No.2)

【座談会 三叉神経自律神経性頭痛の分類と治療】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○Expert Discussion―座談会―
 三叉神経自律神経性頭痛の分類と治療
 鈴木則宏/濱田潤一/海野佳子/菊井祥二/西郷和真
○Featured Literature―注目の論文―
前庭性片頭痛患者における異常な視床機能/今井昇
FHM1を引き起こすカルシウムチャネル遺伝子変異によって生じたシナプスの機能増強/柴田護
○Debate in Journal―誌上ディベート―
 中頭蓋窩のくも膜嚢胞(arachnoid cysts)は手術が必要か
 ・総論総括:平田幸一
 ・くも膜嚢胞は手術を検討すべきである/松村明 ほか
 ・くも膜嚢胞は経過観察でよい/大塚邦紀 ほか
○Pitfall & Solution―頭痛診療におけるPitfallと解決策―
 片頭痛の誘因としての光刺激,音刺激にどう対処するか~光の処方箋/辰元宗人
○Listen to the Great―インタビュー―
 髙橋和郎/聞き手:竹島多賀夫
○Visual View―画像で見る頭痛診療―
 眼筋麻痺性“片頭痛”/藤田信也
○Trends in Headache―頭痛をめぐる諸問題―
 Headache Master School Japan(HMSJ)報告/竹島多賀夫 ほか
○Headache Treatment Q&A―頭痛診療Q&A―
雷鳴頭痛の原因は何ですか.治療にはどのようなものがありますか/柴田興一
トリプタンによる薬物乱用頭痛にはどのような特徴がありますか/伊藤康男 ほか
○Wonder of Headache―頭痛の不思議―
 2人の上皇と陰陽師―澁澤龍?の吉野熊野機構/石川光紀
○Forum Report―フォーラム・レポート―
・地域頭痛医療推進プログラム MCSS2013
・第55回日本神経学会学術大会

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す