• がん分子標的治療

がん分子標的治療

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18381_ext_01_0.jpg

2016年6月号(Vol.14 No.2)

【Theme 分子標的薬を用いた周術期治療】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
巻頭特別企画 対談
・第14回日本臨床腫瘍学会学術集会開催に向けて
西條長宏(公益社団法人日本臨床腫瘍学会事務局特別顧問)
南博信(第14回日本臨床腫瘍学会学術集会会長)

◎State of the art reviews and future perspectives
特集にあたって/戸井雅和
EGFR-TKIを用いた非小細胞肺がん術後補助化学療法のエビデンス/武田晃司
免疫チェックポイント阻害薬を用いた非小細胞肺がん術後補助療法の可能性/須田健一 ほか
大腸がん術後補助化学療法における分子標的薬の役割/若槻尊 ほか
術前術後における抗HER2療法/木谷哲
HER2陽性切除可能胃がんに対するトラスツズマブの臨床試験/川添彬人 ほか
切除可能腎がんを対象とした分子標的治療/杉元幹史 ほか
肝がんに対する分子標的薬を用いた外科周術期治療の現状/武冨紹信

◎Round Table Meeting
周術期治療における分子標的薬・免疫チェックポイント阻害薬の役割
 山本信之/朴成和/高橋俊二/増田慎三

◎Cancer biology and new seeds
免疫チェックポイント阻害薬と抗体医薬の併用/小澤雄一
BIM遺伝子多型を標的にしたEGFR-TKI耐性克服/矢野聖二

◎Pharmacogenomics and biomarker
CTCとPD-L1発現/洪泰浩
EGFR-TKIとTDM/釼持広知
世代別(第1,2,3)EGFR-TKIの耐性化機構/冨樫庸介 ほか
予後因子としての乳がんにおける免疫学的マーカー/笹野公伸 ほか

◎Learn more from previous clinical trial
乳がんにおける術前薬物療法での新規薬剤の開発へ向けて~「I-SPY 1」から「I-SPY 2」へ~/新倉直樹
WJOG5208L試験/宿谷威仁

◎News and Topics
【Meeting Report】
第88回日本胃癌学会総会/岡本渉
【What's New】
・ホルモン受容体陽性進行・再発乳がんに対するpalbociclibの有効性/岩田広治
・小細胞肺がんにおける網羅的遺伝子解析/赤松弘朗
・外科腫瘍学における臨床試験の将来展望/佐野武

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
17920_ext_01_0.jpg

2016年3月号(Vol.14 No.1)

【Theme 遺伝子解析に基づく新しい分子標的治療】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
◎State of the art reviews and future perspectives
特集にあたって/赤司浩一
○遺伝子解析に基づくがん治療
 ・肺がん/宇田川響 ほか
 ・大腸がん/三好佐和子 ほか
 ・乳がん/佐藤史顕
 ・卵巣がん/松本光史
 ・悪性黒色腫/浦田透 ほか
 ・甲状腺がん/清田尚臣
 ・骨髄性白血病(AML/MDS)/吉本五一 ほか
 ・骨髄増殖性腫瘍(MPN/CML)/久冨木庸子 ほか
 ・リンパ性腫瘍(ML/ALL)/冨田章裕
 ・薬物動態関連遺伝子の解析に基づくがん治療/今村知世

◎Round Table Meeting
遺伝子解析に基づく新しい分子標的治療
 南博信/中島貴子/間野博行/松村到

◎Cancer biology and new seeds
がん抑制遺伝子による細胞と個体老化の制御/佐藤正大 ほか
がん抑制因子のがんニッチ細胞における機能/弓本佳苗 ほか
BRAF阻害薬による悪性黒色腫微小環境のparadoxical activationの分子機構/平田英周
変異型IDH阻害薬開発の現状と展望/中川亮 ほか
BiTE抗体の臨床開発の現状/加藤光次
HDAC阻害薬/張高明

◎Pharmacogenomics and biomarker
ゲノム・エピゲノム解析に基づく横紋筋肉腫の新たな分類/関正史
PARP阻害薬のバイオマーカー/清水俊雄
卵巣明細胞腺がんの予後を予測するバイオマーカー/上原ゆり子 ほか

◎Learn more from previous clinical trial
非小細胞肺がん治療における抗EGFR抗体:INSPIRE試験とSQUIRE試験/谷﨑潤子
肝細胞がんに対する分子標的薬の開発:その明と暗/池田公史

◎News and Topics
【Meeting Report】
第18回欧州癌学会-第40回欧州臨床腫瘍学会/田辺裕子
第74回日本癌学会学術総会/須河恭敬
第27回国際癌研究治療学会議/藤原豊
第57回米国血液学会議(ASH 2015)報告/森下喬允 ほか

【論文紹介】
・未治療の悪性黒色腫に対するニボルマブとイピリムマブの併用,ニボルマブ単独あるいはイピリムマブ単独による治療効果の比較/佐古田幸美
・進行期扁平上皮NSCLCに対する,ニボルマブとドセタキセルの比較第Ⅲ相臨床試験/田中謙太郎 ほか
・ミスマッチ修復欠損を伴う腫瘍におけるPD-1阻害/三梨桂子 ほか
・思春期・若年成人がん患者/山本一仁

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
17416_ext_01_0.jpg

2015年12月号(Vol.13 No.4)

【Theme 免疫療法の今後の発展と課題】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
◎State of the art reviews and future perspectives
特集にあたって/朴成和
・ESMO Lifetime Achievement Award Celebration Review/西條長宏
新しい免疫療法によるがんの制御/河上裕 ほか
免疫療法におけるバイオマーカーと個別化医療/竹内美子 ほか
免疫療法における殺細胞性抗がん剤/放射線治療との併用療法の可能性/中谷綾 ほか
がんワクチンと免疫チェックポイント阻害薬のコンセプトの違い/宮澤基樹 ほか
免疫療法同士の併用のrationaleと可能性/北野滋久
各臓器がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の臨床試験とその成績/林秀敏

◎Round Table Meeting
臨床試験におけるトランスレーショナルリサーチ(TR)に求められるもの~driver mutationから免疫チェックポイント阻害薬まで~
 山本信之/朴成和/矢野聖二/田原秀晃

◎Cancer biology and new seeds
抗体と殺細胞性抗がん剤の複合体/長谷川裕子 ほか
キメラ抗原受容体(CAR)遺伝子改変T細胞療法/中沢洋三
制御性T細胞の同定とその役割/田中淳 ほか

◎Pharmacogenomics and biomarker
抗PD-1/PD-L1抗体治療におけるバイオマーカー/茶本健司
免疫染色によるバイオマーカーのバリデーションに求められるもの/吉田裕 ほか
Cell free DNAの可能性/高濱隆幸
免疫チェックポイント阻害療法とDNAミスマッチ修復欠損/安達圭志 ほか

◎Learn more from previous clinical trial
胃がんにおけるrilotumumabのランダム化第Ⅱ相臨床試験とRILOMET-1,2試験の失敗/伊澤直樹 ほか
EGFR阻害薬(ゲフィチニブ)の他臓器への展開,原発臓器でバイオマーカーは異なるのか?―食道がんに対するCOG試験からの考察/加藤健

◎News and Topics
【Meeting Report】
第13回日本臨床腫瘍学会学術集会/後藤悌
第16回世界肺癌学会/釼持広知
【論文紹介】
・橋渡し研究の歴史と今後の展望/今井源 ほか
・がん手術の革新的変遷と将来展望/松山貴俊 ほか
・造血器腫瘍における免疫療法の最先端/水野晋一
◎新任教授紹介―インタビュー―
 話し手:関根郁夫
 聞き手:西條長宏

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
16480_ext_01_0.jpg

2015年9月号(Vol.13 No.3)

【Theme 分子標的治療を含む併用療法】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
◎State of the art reviews and future perspectives
特集にあたって/戸井雅和
分子標的薬と抗がん剤の併用療法の現状と展望/井上彰
分子標的薬同士の併用療法の現状と可能性/清水俊雄
消化器がんに対する術前術後の分子標的薬についての現状と今後の可能性/長谷川裕子 ほか
放射線治療と分子標的治療の併用療法/後藤秀彰 ほか
乳がんに対する分子標的治療と併用療法/常盤麻里子 ほか
消化器がんに対する分子標的治療を含む併用療法/影山俊一郎 ほか
造血器腫瘍における分子標的治療の耐性と併用療法による克服/南陽介

◎Round Table Meeting
分子標的治療を含む併用療法は進行固形がんの治癒を目指せるか?
 中川和彦/戸井雅和/向原徹/佐藤太郎

◎Cancer biology and new seeds
T790M陽性EGFRを標的としたEGFR-TKI/浦田佳子
Non-T790M EGFR-TKI耐性肺がんに対するAXL阻害薬/髙野夏希 ほか
細胞外小胞エクソソームが拓く新たながん生物学/吉岡祐亮 ほか

◎Pharmacogenomics and biomarker
FGFR阻害薬のバイオマーカー/水上拓郎 ほか
非小細胞肺がんにおけるHER3標的治療とヘレグリン発現の意義/米阪仁雄
ドライバー変異の同定に対するNGSの寄与/阪本智宏 ほか

◎Learn more from previous clinical trial
EGFR遺伝子変異に基づいた治療選択:NEJ002試験とWJTOG3405試験/金永学
クリゾチニブの大規模第Ⅰ相臨床試験/赤松弘朗 ほか
術前ホルモン療法後の腫瘍特性に基づくエストロゲン受容体陽性乳がんの予後予測―PEPIモデル/上野貴之

◎News and Topics
【Meeting Report】
第106回米国癌研究会議(AACR 2015)/洪泰浩
第51回米国臨床腫瘍学会(ASCO 2015)報告/赤松弘朗
【論文紹介】
・突然変異の全体像が非小細胞肺がんのPD-1阻害薬に対する感受性を決定する/鳥越俊彦
・PAL82遺伝子変異陽性家系における乳がんのリスク/山内清明 ほか
・ROS1再構成を有する非小細胞肺がんに対するクリゾチニブの効果/松本慎吾
◎新任教授紹介
 髙山浩一教授(京都府立医科大学大学院呼吸器内科学教室)

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す