• 大腸がんperspective

大腸がんperspective

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
21696_ext_01_0.jpg

2017年(Vol.3 No.4)

【State of the art JSCCR/ESMO/NCCNガイドラインを比較する】

○画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス
 SSA/P with cytological dysplasia/渡邉幸太郎 ほか
○Round Table Discussion
 肝転移に対するPerioperative/Conversion戦略を再考する
 島田安博/植竹宏之/長谷川潔/別府透/吉留博之
○State of the art|JSCCR/ESMO/NCCNガイドラインを比較する
特集にあたって/島田安博
大腸癌治療ガイドライン 医師用2016年版(大腸癌研究会)の概略/山田武史 ほか
ESMOガイドラインの概説/林香里 ほか
NCCNガイドラインの概説/谷口浩也
3ガイドラインの比較検討―切除不能進行がん/中村能章 ほか
3ガイドラインの比較検討―術後補助療法/関根克敏 ほか
○Catch Up 分子生物学
いまさら聞けないEMT(epithelial-mesenchymal transition):基本的概念から最新の知見まで/大原信福 ほか
オートファジーの制御機構について/末田聖倫 ほか
○大腸癌の内視鏡Up-to-date
 歯状線に接した病変に対するESDのコツとピットフォール/岡志郎 ほか
○Q&A レジデントのための診療のEssence
 ラムシルマブとはどのようなお薬ですか?/川添彬人
○大腸癌化学療法のトピックス
 海外学会における大腸癌領域のトピックス/岡本渉
○INTERVIEW|(大腸がん化学療法における)経口剤と注射剤の併用マネジメント[提供:大鵬薬品工業株式会社]
 大腸がん二次治療における経口抗がん剤レジメンの工夫/小松嘉人

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
20751_ext_01_0.jpg

2017年(Vol.3 No.3)

【State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望】

○画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス
 胃と腸の腺腫―同質性と異質性―/西村聡 ほか
○Round Table Discussion
 進行・再発大腸癌化学療法におけるre-challenge治療
 兵頭一之介/中島貴子/篠崎英司/辻晃仁/佐藤温
○State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望
特集にあたって/田中信治
大腸pT1b癌リンパ節転移リスク層別化と病理診断精度管理の問題点/味岡洋一
大腸T1(SM)癌外科手術の治療成績/小林宏寿 ほか
局在によるT1(SM)癌の悪性度の差異/池松弘朗 ほか
大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の将来展望(外科医の立場から)/上野秀樹 ほか
大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の将来展望/田中信治 ほか
○Catch Up 分子生物学
Dclk1:新規がん幹細胞マーカーとしての可能性/牧野俊一郎 ほか
抗EGFR抗体薬の耐性メカニズムと今後の展望について/上田正射 ほか
○大腸癌の内視鏡Up-to-date
 安全かつ確実な大腸EMRテクニック/松下弘雄 ほか
○Q&A レジデントのための診療のEssence
 Q.内視鏡治療の合併症とその頻度について教えて下さい。/岡志郎 ほか
○大腸癌化学療法のトピックス
 国際学会における大腸癌化学療法のトピックス/町田望
○シリーズ企画 (大腸がん化学療法における)経口剤と注射剤の併用マネジメント
 進行大腸がんにおけるSOX療法のマネジメント/中村将人

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18904_ext_01_0.jpg

2016年(Vol.3 No.2)

【State of the art 直腸癌治療における側方郭清の意義と位置づけを再考察する】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス
 SSA/Pの内視鏡診断/佐野亙 ほか
○Round Table Discussion
 大腸癌に対するこれからの低侵襲手術
 渡邉聡明/奥田準二/伊藤雅昭/金光幸秀
○State of the art 直腸癌治療における側方郭清の意義と位置づけを再考察する
特集にあたって/杉原健一
直腸癌治療における側方郭清の意義と位置づけ/絹笠祐介
JCOG0212をどのように読み解くか。臨床への応用。/金光幸秀 ほか
進行直腸癌に対する化学放射線療法と側方郭清の位置づけ/小西毅 ほか
進行直腸癌の画像診断の精度向上に向けて/石原聡一郎 ほか
○Catch Up 分子生物学
Reactive oxygen species(ROS)にかかわるシグナルについて/北原知洋 ほか
低酸素環境に応答する癌細胞のメカニズム/河合賢二 ほか
○大腸癌の内視鏡Up-to-date
 BLI(Blue laser imaging)とNBI(Narrow band imaging)の相違と類似性/吉田直久 ほか
○Q&A レジデントのための診療のEssence
 Q.中心静脈ポートを用いた化学療法中の患者さんで,CTでカテーテルの先端に血栓が認められました。対処法は?/中島裕理 ほか
○大腸癌化学療法のトピックス
 大腸癌肝転移に対する局所治療について(RFA,RI治療を含め)/加藤弥菜

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18215_ext_01_0.jpg

2016年(Vol.3 No.1)

【State of the art Resected and discardは患者さんの治療に貢献するか】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
○画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス
 微小癌/藤井隆広
○Round Table Discussion
 大腸癌における免疫機構とImmune Checkpoint阻害薬の可能性について
 室圭/谷口浩也/吉野孝之/西川博嘉
○State of the art Resected and discardは患者さんの治療に貢献するか
特集にあたって/藤盛孝博
Resect and Discard strategyは患者さんの治療に貢献しうる(内視鏡医の立場から)/竹内洋司 ほか
慎重に(内視鏡医の立場から)/山田真善 ほか
病理医の立場から/河内洋
(Comment)
 ・臨床医の立場から/田中信治
 ・海外での検診事情 Resect and discard policyからみる米国の検診事情/尾田恭
○Catch Up 分子生物学
解明されるSnailの機能/波多豪 ほか
大腸癌診断における新規バイオマーカー/深田唯史 ほか
○大腸癌の内視鏡Up-to-date
 Hybrid ESDとprecutting EMR/樫田博史 ほか
○Q&A レジデントのための診療のEssence
 Q.切除不能進行・再発大腸癌の化学療法中の患者さんでは,骨転移・脳転移のサーベイランスが必要でしょうか?/濱口哲弥
○大腸癌化学療法のトピックス
 ECC 2015におけるトピックス/濱口哲弥

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す