• The Lipid

The Lipid

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
19864_ext_01_0.jpg

2017年4月号(Vol.28 No.2)

【特集 肝疾患と脂質代謝】

巻頭言/小林淳二
特集にあたって/荒井秀典
1.コレステロール代謝における肝臓の役割/原眞純
2.脂肪酸代謝における肝臓の役割/矢作直也
3.HDL代謝における肝臓の役割/大濵透
4.レムナント代謝における肝臓の役割/木庭新治
5.糖尿病と肝疾患における脂質代謝/中口裕達 ほか
6.非アルコール性脂肪肝(NAFLD)と脂質代謝異常/太田嗣人
7.アルコール性脂肪肝と脂質代謝異常/伊倉義弘 ほか
8.ウイルス性肝炎とリポ蛋白代謝/相澤良夫
9.胆石症・胆管結石と脂質代謝/菅野啓司 ほか
10.脂質異常症治療薬の肝脂質代謝への影響/倉科智行 ほか

【連載】

○―海外文献紹介―レビューと考察(3)
 PCSK9/HMG-CoA還元酵素の遺伝子多型と心血管疾患/糖尿病のリスク/綾織誠人
Meet the Boss/芳野原/岩井正秀
○第30回日本小児脂質研究会学術集会
 講演2次抄録集
○Graphic・見る脂質のページ<脂質代謝異常>
 CETP欠損症とHDL/野原淳 ほか

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
19847_ext_01_0.jpg

2017年1月号(Vol.28 No.1)

【特集 これからの高トリグリセライド(TG)血症治療】

巻頭言/池脇克則
特集にあたって/横手幸太郎
Ⅰ. リスクとしての高TG血症
 1.疫学研究からみた高TG血症の意義/山田貴穂 ほか
 2.ゲノム研究からみた高TG血症の意義/鎌谷洋一郎
 3.高TG血症とsmall dense LDL/平野勉
 4.動脈硬化リスクとしての食後高脂血症/小林淳二
Ⅱ.高TG血症治療の現状と展望
 1.高TG血症に対する食事療法/松井貞子 ほか
 2.高TG血症に対する運動療法/宮下政司 ほか
 3.高TG血症治療薬としてのフィブラート系薬/山下静也 ほか
 4.高TG血症治療薬としてのω3系脂肪酸製剤/土井信一郎 ほか
 5.高TG血症に対する糖尿病治療薬の効果/櫻井健一
 6.新たな高TG血症治療薬の展望/和田郁人 ほか

【連載】

○―海外文献紹介―レビューと考察(2)
 冠動脈疾患のリスクを下げる遺伝子バリアント/桑原康秀
○症例検討(120)
 2型糖尿病におけるHDL亜分画とインスリン抵抗性との関連/松村剛 ほか
Meet the Boss/中井継彦/笈田耕治
○Graphic・見る脂質のページ<脂質代謝異常>
 複数の遺伝子変異を有する重症家族性高コレステロール血症の小児例/土橋一重 ほか

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18931_ext_01_0.jpg

2016年10月号(Vol.27 No.4)

【特集 PPARα revisit】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
巻頭言/平田健一
特集にあたって/島野仁
Ⅰ. PPARαの基礎
 1. 母乳により脂肪の燃焼機能が発達する巧妙な仕組み/橋本貢士 ほか
 2.PPARαとFGF21/中川嘉 ほか
 3.新規PPARαモジュレーター(SPPARMα)K-877のマウスとヒト肝臓のトランスクリプトーム解析/佐々木裕輔 ほか
 4. 食品成分によるPPARαの活性化/後藤剛 ほか
Ⅱ.PPARαと疾患
 1.NASHとPPARα/田中直樹 ほか
 2.動脈硬化とPPARα/田中君枝 ほか
 3.心不全におけるPPARαの機能/佐渡島純一
 4.慢性腎臓病とPPARα/上條祐司 ほか
 5.アディポネクチン→PPARαによる糖尿病,肥満改善/山内敏正 ほか

【連載】

○―海外文献紹介―レビューと考察(1)
 脳機能とPPARα/鈴木亮
○症例検討(119)
 IgG4関連疾患と冠動脈硬化,弁硬化/坂本愛子
○Meet the Boss
 追悼 山田信博―Memorial of the Boss―

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18500_ext_01_0.jpg

2016年7月号(Vol.27 No.3)

【特集 新しいリピドーシス―中性脂肪と臓器障害―】

本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
巻頭言/船橋徹
○特集にあたって/石橋俊
Ⅰ.中性脂肪代謝の分子機構と臓器障害
 1.脂肪酸合成と臓器障害/松坂賢 ほか
 2.脂肪酸輸送と臓器障害ー脂肪酸結合蛋白4(FABP4)を中心にー/古橋眞人
 3.細胞内中性脂肪分解と臓器障害/岡﨑啓明
 4.細胞外中性脂肪分解と臓器障害/野牛宏晃
 5.脂肪毒性の遺伝性素因/堀田紀久子
Ⅱ.脂肪毒性の臓器特性
 1.脂肪組織における脂肪毒性/田中郁 ほか
 2.肝臓における脂肪毒性/小川祐二 ほか
 3.膵β細胞における脂肪毒性/親泊政一
 4.骨格筋における脂肪毒性/田村好史 ほか
 5.心臓血管における脂肪毒性ー中性脂肪蓄積心筋血管性(triglyceride deposit cardiomyovasculopathy;TGCV)の病態から/平野賢一

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す