• 血栓と循環

血栓と循環

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
18437_ext_01_0.jpg

2016年7月号(Vol.24 No.1)

【特集 血栓性微小血管症(TMA)】

【特集 血栓性微小血管症(TMA)】
本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
1.TMA(血栓性微小血管症)―総論/藤村吉博
2.後天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の病態/松本雅則
3.後天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の臨床/宮川義隆
4.先天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の遺伝子解析/小亀浩市 ほか
5.先天性TTP(血栓性血小板減少性紫斑病)の臨床/八木秀男
6.aHUS(非典型溶血性尿毒症症候群)の臨床/加藤秀樹 ほか
7.aHUS(非典型溶血性尿毒症症候群)の遺伝子解析/宮田敏行 ほか
8.STEC-HUS(志賀毒素産生大腸菌による溶血性尿毒症症候群)/芦田明 ほか
9.膠原病/久田諒 ほか
10.造血幹細胞移植/上田恭典
11.肝移植におけるTMA(血栓性微小血管症)/松井俊樹 ほか

○座談会
 血栓症の病態・診断・治療の変遷と展望
 池田康夫/島田和幸/重松宏

【連載】

○1から学ぶ肺高血圧症(PH)―飛躍的に改善したPHの予後について,最新の診断と治療から学ぶ
 [4]肺動脈性肺高血圧症/大郷剛
 [5]膠原病性肺高血圧症/桑名正隆
 [6]小児の肺高血圧症/土井庄三郎
 [7]肺高血圧症に対する肺移植/伊達洋至

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
17245_ext_01_0.jpg

2015年12月号(Vol.23 No.4)

【特集 ジェンダーと血栓症】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
特集によせて/後藤信哉
Ⅰ.総論
 1.性差医学―総論/天野惠子
Ⅱ.疫学
 1.血栓イベントリスクの男女差―グローバルな考察/加藤恵理
Ⅲ.血栓症のリスクファクター
 1.心電図の男女差/小菅雅美
 2.血圧の男女差/石川讓治 ほか
 3.肥満と血栓症:性差が示唆する肥満の本質/新村健
Ⅳ.疾患
 1.心房細動の脳卒中リスクの男女差/井上博
 2.末梢閉塞性動脈疾患の男女差/東信良
Ⅴ.抗血栓療法とジェンダー
 1.抗凝固治療の男女差/鈴木信也 ほか
 2.抗血小板薬の効果と男女差/西川政勝

【連載】

○1から学ぶ肺高血圧症(PH)―飛躍的に改善したPHの予後について,最新の診断と治療から学ぶ
 [3]慢性血栓塞栓性肺高血圧症/坂尾誠一郎
○学会トピックス
 第56回日本脈管学会総会 2015.10.29-10.31

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
16360_ext_01_0.jpg

2015年9月号(Vol.23 No.3)

【特集 血栓・塞栓症からみた肺高血圧症】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
Ⅰ.肺循環と凝固・線溶機能/佐藤徹
Ⅱ.肺動脈性肺高血圧症における凝固・線溶機能
 1.病因における凝固・線溶系の関与/坂巻文雄
 2.ワルファリンは有用か?/赤木達
Ⅲ.肺血栓塞栓症における凝固・線溶機能
 1.急性肺塞栓症の誘因としての凝固・線溶系異常/加藤史照 ほか
 2.急性肺塞栓症のNOACを使った新しい治療/中村真潮
 3.慢性肺血栓塞栓症の凝固・線溶系異常/伊波巧
 4.ワルファリンに不応でNOACが有効であった慢性肺血栓塞栓症の1例/志村亘彦
 5.ベーチェット病等の血管炎による肺血栓塞栓症/及川侑芳 ほか
 6.抗リン脂質抗体等の自己抗体による肺血栓塞栓症/柴田悠平 ほか
Ⅳ.静脈系血栓塞栓症における凝固・線溶機能
 1.静脈系血栓症の最新知見/後藤信一 ほか
Ⅴ.肺高血圧症のトピックス
 1.Upfront combination therapy―肺高血圧症の最新治療/大郷剛
 2.ニース分類/中西宣文
 3.肺高血圧症の原因遺伝子/森崎裕子

【連載】

○1から学ぶ肺高血圧症(PH)―飛躍的に改善したPHの予後について,最新の診断と治療から学ぶ
 [1]PHの分類と予後/佐藤徹
 [2]PHの診断について/波多野将
○学会トピックス
 第37回日本血栓止血学会学術集会 2015.5.21-5.23

リンクのある記事は、M-Reviewにて全文をお読みいただけます(一部抄録のみの記事もございます)
本サイト掲載前の号は上記「最新刊のご案内・ご購入」(弊社ECサイト)からご購入いただけます
15825_ext_01_0.jpg

2015年6月号(Vol.23 No.2)

【特集 ダイナミックに変わりつつあるDICの診断・治療】

(準備中)本号はアブストラクトのみの閲覧となっております
特集によせて:新しい考え方―DICの病態・診断・治療/和田英夫
Ⅰ.敗血症DICの病態
 1.敗血症性DICの発症機序―PAMPs,DAMPs,NETsの役割/伊藤隆史
 2.動物DICモデルから学ぶDICの病態と治療/射場敏明
 3.病理学の立場からみたDICの病態/盛口淸香 ほか
Ⅱ.DICの診断/ガイダンス
 1.日本血栓止血学会のDIC診断基準暫定案─DICの診断で何が変わるのか?/朝倉英策
 2.敗血症性DICの新たな診断基準/石倉宏恭
 3.国際血栓止血学会DIC診療ガイダンス―世界の基準と日本の基準の違い,ハーモナイゼーションは可能か?/和田英夫 ほか
Ⅲ.DIC臨床各論
 1.敗血症性DIC―敗血症レジストリーから学ぶこと/丸藤哲
 2.白血病DIC診療に残された課題は?/竹迫直樹
 3.固形癌のDICと術後DIC―如何に生命予後を改善するか?/岡本好司
 4.造血幹細胞移植とDIC―TAM/GVHDなどとの鑑別は?/池添隆之

【連載】

○学会トピックス
 第79回日本循環器学会学術集会 2015.4.24-4.26

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す