• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2017/08/17

美容皮膚科に必要な外科的Option & Technique 第1回 金の糸の合併症 (1)アレルギー

山下理絵

Bella Pelle Vol.2 No.1, 64-66, 2017

肌のアンチエイジングとして行われている「金の糸」.施術を行っているクリニックでは時間とともに「金の糸」はなくなる,取りたいときには簡単に取れる,金だからアレルギーは起こらない,と説明されている....

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

Troubleshooting 教えて! 診療トラブル解決法 第3回 モンスターペイシェントに関するトラブル

水島幸子

Bella Pelle Vol.2 No.1, 58-59, 2017

「治らなかったら訴えてやる!」怒り狂った患者さんに怒鳴られ,一体どのように対処したら……昨日,スタッフから「先ほど患者様からお電話があって,うちのクリニックで行ったレーザー脱毛でシミができたとお...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

Challenge! Skincare-meister スキンケア検定を解いてみる Lesson 3

川島眞

Bella Pelle Vol.2 No.1, 71-73, 2017

「Question 1」エステティックサロンでの脱毛で不適切な施術を選びなさい「Question 2」美容院で受けられるサービスとして不適切な記述を選びなさい「Question 3」保健機能食品...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

特集 シミ Tell me, maestro マエストロに聞く 日本人の美白遺伝子

須賀康/鈴木民夫

Bella Pelle Vol.2 No.1, 32-36, 2017

近年,白皮症や遺伝性対側性色素異常症など,皮膚の色調に異常をきたす遺伝性皮膚疾患の原因遺伝子の同定が進んでいる.さらには健常な日本人の皮膚色の違いにも,これら遺伝性色素異常症の原因遺伝子が関与し...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2017/08/17

Pitfall & Tips どう診る?どうする? 第3回 頬の黒いイボをどう診るか

福屋泰子

Bella Pelle Vol.2 No.1, 61-62, 2017

「症例」70歳代前半の男性.4年前に右頬に黒色結節が出現した.近医で脂漏性角化症と診断され,液体窒素療法を行っていた.2年ほど前から拡大してきたため,当科を受診した.初診時,右頬に6mm大の黒褐...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

BP-Information 美容医療における最新の動向~2016年を振り返って~

山下理絵

Bella Pelle Vol.2 No.1, 56-57, 2017

2016年もさまざまな学会で美容医療に関する優れた演題が数多く発表された.美容医療は患者も医療従事者も女性が多いため,自然と女性のQOLについて考える機会が多い.今回は女性のQOL改善につながる...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

New Arrival Headline 新着文献ヘッドライン Paper No.2 改変肝斑面積重症度インデックス(mMASI)の解釈性

根本美穂

Bella Pelle Vol.2 No.1, 55, 2017

肝斑は有色皮膚タイプの女性にみられる色素性疾患である.肝斑は難治性であるため,新しい治療法の無作為化比較臨床試験をより多く行う必要があり,治療効果の適切な評価のために疾患重症度の正確な分類が必要...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

New Arrival Headline 新着文献ヘッドライン Paper No.1 肝斑治療に関する無作為化比較試験の体系的レビュー

村本睦子

Bella Pelle Vol.2 No.1, 54, 2017

肝斑は,主に30歳以降にみられる比較的罹患率の高い顔面の色素性病変で,遺伝的体質や紫外線,ホルモン,薬剤などさまざまな影響を受けて発症することが知られている.その患者の多さにも関わらず,肝斑治療...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

美容皮膚科講義 第2回 肝斑

山田秀和

Bella Pelle Vol.2 No.1, 53, 2017

肝斑は,美容皮膚科領域では頻度の多い疾患であるが治療法の論拠は少ない.以下は,コクランライブラリーに準ずるBMJを中心に整理した1).診断では,ウッド灯検査で目立つタイプは表皮型,目立たないタイ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

BP-Square インタビュー 青あざ,血管腫,刺青に対するレーザー治療

河野太郎

Bella Pelle Vol.2 No.1, 49-52, 2017

顔面などの露出部に発生した,青あざと言われる太田母斑,蒙古斑,赤あざと言われる血管腫は整容上大きな問題となる.現在,これらはレーザーによる治療が主流となっており,一部疾患は保険適用となっている....

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

BP-Square インタビュー シミに対するレーザー治療

宮田成章

Bella Pelle Vol.2 No.1, 45-48, 2017

最近は美容医療に対するニーズが急速に高まり,シミを治したいと外来を訪れる患者さんも増えている.しかし実際の「シミ」にはさまざまな病変が含まれ治療法も異なることから,鑑別が非常に重要になる.慎重な...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

Scientific Meeting 注目演題 Pick up! 第37回日本レーザー医学会総会

山下理絵/近藤謙司/松尾由紀

Bella Pelle Vol.2 No.1, 42-43, 2017

第37回日本レーザー医学会は,例年より早い初雪となった旭川で開催されました.レーザー医学会の参加者は,皮膚科や形成外科だけでなく診療科は多岐にわたります.生物学や工学など,基礎研究から実臨床に携...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

BASIC COURSE 最新基礎講座 顔面の解剖学 第3回 脂肪とligament

古山登隆

Bella Pelle Vol.2 No.1, 38-41, 2017

加齢現象は筋肉,骨,皮下脂肪などの各組織の萎縮が原因で起こる.本コーナーでは,顔面の解剖学として,「筋肉と神経」,「骨と血管」,「脂肪とligament」の3回に分けて,美容医療に携わる先生方に...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

特集 シミ Feature Articles 特集論文 4.機器によるシミ治療

宮田成章

Bella Pelle Vol.2 No.1, 28-30, 2017

シミの治療においては,まずダーモスコープなどを用いて色素の局在部位,シミの形状などを観察し,診断をつけたうえで治療法を選択していく.良性・悪性の鑑別はもちろんのこと,局在部位が表皮なのか真皮なの...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

特集 シミ Feature Articles 特集論文 3.内服によるシミ治療

川田暁

Bella Pelle Vol.2 No.1, 24-26, 2017

シミの治療としては,外用療法,内服療法,機器による治療などがある.シミの内服療法のおもな適応疾患は,肝斑と炎症後色素沈着である.本稿では内服によるシミ治療について,適応疾患,作用メカニズム,治療...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

特集 シミ Feature Articles 特集論文 2.外用によるシミ治療(美白剤について)

須賀康

Bella Pelle Vol.2 No.1, 20-23, 2017

長年にわたって皮膚が受けてきた紫外線の影響は,加齢とともにある年齢になってから急にシミ・ソバカスなどの目に見える形で現れる.自覚症状はなくとも,これらの症状は一度顔面に生じれば他人からは確実に老...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

特集 シミ Feature Articles 特集論文 1.シミの診断とメカニズム

船坂陽子

Bella Pelle Vol.2 No.1, 16-19, 2017

一般にシミと呼称される疾患で,高い頻度でみられるのが老人性色素斑である.老化と慢性の日光曝露が要因となる.雀卵斑は日光曝露に反応して小色素斑が生じやすい遺伝的な素因を有す皮膚にできる.肝斑は日光...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/08/17

特集 シミ Round table discussion 座談会 外来で相談ができるシミ治療

須賀康/秋田浩孝/船坂陽子/山本有紀

Bella Pelle Vol.2 No.1, 6-14, 2017

高齢化が進む今日,シミの相談で外来を訪れる患者さんは増加の一途をたどっている.しかし患者さんが訴える「シミ」は,それぞれ異なる病変がいくつも重なっている場合が多い.シミの診療においては,問診,視...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/14

Scientific Meeting 注目演題 Pick up! 第34回日本美容皮膚科学会総会・学術大会

須賀康/林伸和/岡崎静/船坂陽子/佐伯秀久/江連智暢/天野聡/西山敏夫/松崎恭一/市原麻子/神人正寿/牧野貴充/福島聡/尹浩信

Bella Pelle Vol.1 No.2, 38-41, 2016

日本はこれまでも,痤瘡の治療に健康保険が使える世界的にもめずらしい国であったが,その内容は寂しいもので,抗菌薬の外用・内服,硫黄カンフル外用液などが治療の中心であった.しかしながら...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/02/13

Challenge! Skincare-meister スキンケア検定を解いてみる Lesson 2

川島眞

Bella Pelle Vol.1 No.2, 71-73, 2016

「Question 1」化粧品と医薬部外品について正しい記述を選びなさいA 化粧品は人体への作用が緩和であるが,医薬部外品は緩和ではないB 医薬部外品には予防と治療を目的とした製品があるC 薬用...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す