• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/02/09

FORUM EOS-ETP 2016

大野久美子/加藤せい子

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 50-53, 2017

2016年9月26日から28日までイタリア・ミラノで開催されたElective Orthopaedic Surgery “Excellence” Training Programme (EOS-ETP) 20...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/09

Event Report APSTH2016 台湾大会見聞録

尾崎由基男

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 46-48, 2017

第9回アジア太平洋血栓止血学会(Asian-Pacific Society on Thrombosis and Hemostasis ; APSTH)は2016年10月6日より9日まで台湾の台北国際会議センタ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2018/02/09

症例解説(Frontiers in Haemophilia) カトリデカコグ(遺伝子組換え)定期輸注を導入した先天性凝固第XIII因子Aサブユニット欠損症の1例

兼松毅/松下正

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 44-45, 2017

56歳 男性診断:先天性凝固第XIII因子Aサブユニット欠損症.既往歴:尿路結石,くも膜下出血(小児期).治療経緯:PT・APTTともに正常範囲内であり,凝固第XIII因子(FXIII)抗原量は...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/09

未来の達人 若手Drに聞く! 血友病をもって生まれてくる子どもたちの未来を変えたい

中村達郎

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 38-43, 2017

私は1987年に鹿児島県で生まれ,乳児期に重症血友病Aと診断されました.私が子ども時代を過ごした1980~1990年代には血液凝固因子製剤の定期補充療法はまだ導入されておらず,出血時補充療法が血...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/09

より良いコミュニケーション講座 連載:臨床心理士によるトランジション期の課題解決 第3回 発達障害のある患者とのコミュニケーション

植木田潤

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 35-37, 2017

平成24年度に文部科学省が実施した全国調査1)において「小・中学校年齢の児童生徒の6.5%程度に発達障害の可能性がある」ことが示されている.つまり,40人学級に2~3人は発達障害の可能性があると...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/09

一般血液内科医向けQ&A 血友病患者に対する輸注記録の使い方について教えてください

足利朋子/長江千愛/瀧正志

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 33-34, 2017

血友病の在宅自己注射療法(家庭療法)は1983年に認可された治療法であり,在宅で患者あるいは家族が血液凝固因子製剤の輸注を行う方法である.現在,わが国では,血友病の7~8割において家庭療法が行わ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/09

一般血液内科医向けQ&A 血友病患者の症状詳記における注意点について教えてください

福武勝幸

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 31-32, 2017

血友病医療の大きな特徴は,治療薬が高価なため,多くの患者で医療費が高額となり,時にはきわめて高額な請求金額となることである.一方,請求額は高額でも実際の利益率は小さいため,一部でも薬剤の査定を受...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/09

血友病最前線 【臨床】血友病診療におけるピットフォール

稲葉浩

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 23-29, 2017

血友病診療において因子活性(血友病Aでは第Ⅷ因子活性〔FⅧ:C〕,血友病Bでは第Ⅸ因子活性〔FⅨ:C〕)の測定は不可欠である.わが国ではほとんどの施設が凝固一段法によって得られる値を用いている....

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/09

血友病最前線 【基礎】肝細胞移植による血友病治療

辰巳公平/大橋一夫

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 17-22, 2017

血友病は,血液凝固第Ⅷ因子(FⅧ)または第Ⅸ因子(FⅨ)の遺伝子の異常に起因する遺伝性の先天性出血性疾患である.濃縮血液凝固因子製剤による補充療法の普及,半減期延長製剤の開発などにより,血友病患...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/02/09

座談会 血友病とスポーツ

酒井道生/後藤美和/稲垣有佐/福武勝幸/長江千愛

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.2, 4-15, 2017

酒井 近年の血友病治療,とくに血液凝固因子製剤の進歩により,血友病患者さんが非血友病の方と変わりなく日常生活が送れるようになりました.運動を制限する時代は終わり,小児や若年の患者さんだけでなく血...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

FORUM 内科医・小児科医のための身体機能評価ワークショップ

岸本磨由子

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 48-51, 2017

「内科医・小児科医のための身体機能評価ワークショップ」はノボ ノルディスク ファーマ株式会社主催により2015年より開催され,今回で2回目を迎えた.内容はその題目の通り,普段身体機能評価を自分で行う...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

Event Report WFH2016

松本剛史

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 44-47, 2017

2016年7月24~28日,米国フロリダ州・オーランドに125カ国以上から5,500名以上が集まり,世界血友病連盟(World Federation of Hemophilia;WFH)の世界会議が開...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

未来の達人 若手Drに聞く! 1人ひとりの患者さんと向き合うテーラーメイドな血友病診療

八牧愉二

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 38-43, 2017

高校時代,私は「人のためになる仕事がしたい」という思いから研究者を目指し,生物科に進学しました.そのまま大学院に進んだものの,基礎研究を続けるうちに「自分だけの世界になっていないか」,「本当に人...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

より良いコミュニケーション講座 連載:臨床心理士によるトランジション期の課題解決 第2回 トランジション期の患者とのコミュニケーション~思春期・青年期血友病患者の心理発達への理解~

紅林洋子

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 35-37, 2017

小児科から内科への移行期医療の課題のひとつに,患者自身が自分の病気を十分に理解し,主体的に自分の健康を管理する力を育てることが挙げられ,そのための医師―患者間のコミュニケーションの重要性が強調さ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

一般血液内科医向けQ&A 後天性血友病の免疫抑制療法について教えてください

德川多津子

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 33-34, 2017

後天性血友病は,凝固因子に対する自己抗体(インヒビター) によって,皮下出血や筋肉内出血,処置後の止血困難などをきたす疾患で,時に重篤な出血を合併し死に至ることがある.おもに高齢者に発症するが,女...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

一般血液内科医向けQ&A 血液凝固因子のPK測定について教えてください

兼松毅/松下正

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 31-32, 2017

血液凝固因子濃縮製剤による治療の進歩に伴い,血友病患者の予後は飛躍的に向上した.今日では,スポーツなどを含む社会参加機会の増加など,さらなるQOL向上を目指し,定期補充療法の個別化が求められるよ...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

血友病最前線 【臨床】半減期延長製剤

鈴木伸明

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 25-29, 2017

血友病製剤の開発トレンドが作用時間の延長にあることに疑いの余地はなく,各社が作用時間の延長を目指した新規製剤の開発にさまざまなアプローチ法で取り組んでいる.現段階では,いずれも血液凝固第Ⅷ因子(...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

血友病最前線 【基礎】細胞シート工学を用いた血友病新規治療

辰巳公平/大橋一夫

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 19-24, 2017

血友病は,血液凝固第VIII因子(FⅧ)または第Ⅸ因子(FⅨ)の遺伝子異常に起因する遺伝性の先天性出血性疾患である.濃縮凝固因子製剤による補充療法の発展により血友病患者のQOLは飛躍的に向上した...

⇒全文を見る

category13.gif

2017/06/28

座談会 血友病とエイジング

西田恭治/澤田暁宏/長尾梓/岡本学/関義信

Frontiers in Haemophilia Vol.4 No.1, 6-17, 2017

西田:1970年代までは血友病患者さんは成人することも困難でしたが,1980年代以降の血液凝固因子製剤の普及・進歩により,血友病領域でもエイジングが話題になる時代を迎えました.もちろんこれは先進...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2017/06/27

症例解説(Frontiers in Haemophilia) 症例② 退職後の身体機能低下に対して,エイジングケア目的の入院でリハビリテーションを行った症例

柳田亜維/德川多津子

Frontiers in Haemophilia Vol.3 No.2, 46-47, 2016

67歳 男性:インヒビター保有血友病A.17歳時に中等症血友病A(第Ⅷ因子活性〔FⅧ:C〕2.2%)と診断され,その後は血液凝固第Ⅷ因子(FⅧ)製剤によるオンデマンド療法を受けていた.55歳時に...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す