• Webマガジン 検索結果

検索結果

category13.gif

2018/04/05

大腸癌化学療法のトピックス 海外学会における大腸癌領域のトピックス

岡本渉

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 74-78, 2017

2016年6月3日~6月5日にシカゴで開催された米国臨床腫瘍学会(ASCO 2016)に参加しましたが,今回も免疫チェックポイント阻害薬に関する話題が多い一方で,消化器領域に関しては目立った大きな...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

Q&A レジデントのための診療のEssence ラムシルマブとはどのようなお薬ですか?

川添彬人

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 70-73, 2017

「Answer」ラムシルマブは,血管阻害剤として,胃がん,結腸・直腸がん,非小細胞肺がんに対して,有効性を示し,今後さらなる適応拡大が期待される新規薬剤です。血管新生は正常組織における生理機能の...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

大腸癌の内視鏡Up-to-date 歯状線に接した病変に対するESDのコツとピットフォール

岡志郎/田中信治/田丸弓弦/茶山一彰

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 64-69, 2017

従来,内視鏡的粘膜切除術(endoscopic mucosal resection;EMR)では分割切除せざるを得なかった大きな大腸腫瘍も局在にかかわらず内視鏡的粘膜下層剥離術(endoscopic ...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

Catch Up 分子生物学 オートファジーの制御機構について

末田聖倫/坂井大介/川本弘一/畑泰司/松田宙/水島恒和/佐藤太郎/石井秀始/土岐祐一郎/森正樹

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 58-62, 2017

オートファジーはリソソームを分解の場とする細胞内分解機構として1963年にde Duveによってはじめて報告された。オートファジー研究はここ十数年で急速な進歩を遂げており,その分子メカニズムや制御...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

Catch Up 分子生物学 いまさら聞けないEMT(epithelial-mesenchymal transition):基本的概念から最新の知見まで

大原信福/原口直紹/三吉範克/高橋秀和/西村潤一/畑泰司/松田宙/水島恒和/山本浩文/土岐祐一郎/森正樹

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 54-57, 2017

上皮間葉転換(epithelial-mesenchymal transition;EMT)とは上皮細胞が間葉系細胞の形質を獲得する現象であり,初期胚の発生,臓器形成,組織修復時などでみられる。癌細...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

State of the art JSCCR/ESMO/NCCNガイドラインを比較する 3ガイドラインの比較検討―術後補助療法

関根克敏/濱口哲弥

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 48-53, 2017

結腸癌術後の補助療法について,日米欧の3ガイドラインの比較検討を行った。Stage Ⅲについては,欧米ではオキサリプラチン併用の補助療法を勧めているのに対し,日本では治療成績が欧米よりも良好である...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

State of the art JSCCR/ESMO/NCCNガイドラインを比較する 3ガイドラインの比較検討―切除不能進行がん

中村能章/吉野孝之

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 40-47, 2017

切除不能大腸がんの治療においてバイオマーカー検査の重要性が近年高まっている。RAS遺伝子変異は,抗EGFR抗体薬における負の効果予測因子としての役割が明らかになってきており,NCCN,ESMO,...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

State of the art JSCCR/ESMO/NCCNガイドラインを比較する NCCNガイドラインの概説

谷口浩也

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 33-39, 2017

NCCNガイドラインは,全米21施設で構成されるNational Comprehensive Cancer Networkが策定する米国の代表的な診断・治療ガイドラインである。作成過程やパネルメンバー...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

State of the art JSCCR/ESMO/NCCNガイドラインを比較する ESMOガイドラインの概説

林香里/山﨑健太郎

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 27-32, 2017

2016年7月に発行のESMOコンセンサスガイドラインでは,①分子病理学,バイオマーカー,②局所もしくは少数の遠隔転移巣に対する治療戦略,③全身化学療法による治療戦略,といった3つの領域に大別し...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

State of the art JSCCR/ESMO/NCCNガイドラインを比較する 大腸癌治療ガイドライン 医師用2016年版(大腸癌研究会)の概略

山田武史/兵頭一之介

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 18-26, 2017

大腸癌治療ガイドラインは術式や薬剤選択における種々のエビデンスを考慮して,大腸癌研究会のガイドライン作成委員会のコンセンサスに基づき作成されている。2005年に初版が発刊されて以降,3回の改訂が...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

State of the art JSCCR/ESMO/NCCNガイドラインを比較する 特集にあたって

島田安博

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 17, 2017

大腸癌治療に関するガイドラインは,国内外に複数存在する。EBMに基づいて作成されるガイドラインは,批判的吟味による論文の客観的評価だけでなく,それぞれの適応される国内事情により異なる内容となって...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/04/05

座談会(Round Table Discussion) 肝転移に対するPerioperative/Conversion戦略を再考する

島田安博/植竹宏之/長谷川潔/別府透/吉留博之

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 8-15, 2017

大腸癌肝転移は的確な画像診断と精緻な手技に基づく肝切除により長期予後が期待できる。近年,肝切除成績の向上と適応拡大を目指して,FOLFOXや分子標的薬を周術期に導入する試みがなされ,無増悪生存の...

⇒全文を見る

category13.gif category05.gif

2018/04/05

画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス SSA/P with cytological dysplasia

渡邉幸太郎/西村聡/市川一仁/藤尾誓

大腸がんperspective Vol.3 No.4, 4-7, 2017

『大腸がんperspective(Vol.3 No.4)』の画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラスは,SSA/P with cytological dysplasiaである。本誌のVol.3 No.2(2...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

Catch Up 分子生物学 抗EGFR抗体薬の耐性メカニズムと今後の展望について

上田正射/水島恒和/土岐祐一郎/森正樹

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 52-57, 2017

癌の特定の遺伝子に対する分子標的治療薬の研究が進んでいるなか,大腸癌において抗EGFR抗体薬はKRAS野生型症例の予後を改善することが示されている。しかし,一時的に腫瘍抑制効果を認めるものの,ほ...

⇒全文を見る

category05.gif category13.gif

2018/01/24

画像診断との対比で学ぶ大腸疾患アトラス 胃と腸の腺腫 ―同質性と異質性―

西村聡/市川一仁/河野孝一朗/西上隆之/八隅秀二郎

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 4-8, 2017

腸腺腫と類似病変は管状腺腫,管状絨毛腺腫,絨毛腺腫(類語ではあるが臨床像が異なる絨毛腫瘍という呼称もある。用語としての同質性と異質性を理解する必要がある)に病理組織像として分類される。まず特殊型...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

Catch Up 分子生物学 Dclk1:新規がん幹細胞マーカーとしての可能性

牧野俊一郎/高橋秀和/原口直紹/西村潤一/畑泰司/水島恒和/山本浩文/土岐祐一郎/森正樹

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 46-51, 2017

腫瘍には正常な組織の幹細胞と同様にがん幹細胞が存在し,がん幹細胞から腫瘍が発生・進行するというがん幹細胞仮説が提唱されている。これまで大腸がんのがん幹細胞のマーカーとして多数の候補が報告されてき...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の将来展望

田中信治/朝山直樹/田丸弓弦/住元旭/平野大樹/二宮悠樹/鴫田賢次郎/林奈那/岡志郎/茶山一彰

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 39-44, 2017

『大腸癌治療ガイドライン医師用2014年版』には,「内視鏡的摘除標本がpT1(SM)癌であった場合,組織学的検索で,(1)SM浸潤度1,000μm以上,(2)脈管侵襲陽性,(3)低分化腺癌,印環...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡治療の将来展望(外科医の立場から)

上野秀樹/神藤英二/梶原由規/長谷和生

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 34-38, 2017

近年の内視鏡領域の診断・治療技術の発展は著しく,特に大腸ESDの普及は内視鏡治療の適応拡大の議論の源となっている。一方,大腸pT1癌の治療の原則はリンパ節郭清を伴う腸切除であり,過度の適応拡大は...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望 局在によるT1(SM)癌の悪性度の差異

池松弘朗/依田雄介/大野康寛/金子和弘

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 29-33, 2017

大腸pT1癌における同時性リンパ節転移の頻度は約10%と低く,不必要なリンパ節郭清を伴う外科的手術を少なくするためにも,同時性リンパ節転移の危険因子の検討が多く報告され,①乳頭腺癌・管状腺癌,②...

⇒全文を見る

category13.gif

2018/01/24

State of the art 大腸T1(SM)癌に対する内視鏡診療の現状と将来展望 大腸T1(SM)癌外科手術の治療成績

小林宏寿/杉原健一

大腸がんperspective Vol.3 No.3, 23-28, 2017

大腸T1(SM)癌は早期癌に分類されるものの,リンパ節転移や血行性転移を有する症例もあるため,適切な治療が求められる。一部の大腸T1癌については内視鏡治療(粘膜切除術や粘膜下層剥離術)の適応とな...

⇒全文を見る

診療ガイドライン UP-TO-DATE 掲載開始

【PR広告】

目次から記事を探す